「牛は牛連れ、馬は馬連れ」意味と使い方 なぜ牛連れ、馬連れなの?

兄弟牛

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」意味と使い方 なぜ牛連れ、馬連れなの?

こんにちは!まきバッパです。

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

広告

牛は牛連れ、馬は馬連れ

牛は牛連れ、馬は馬連れ:読み方

うしはうしづれ、うまはうまづれ

 

牛は牛連れ、馬は馬連れ:意味

1.同類や似た者同士は、自然と集まりやすいということのたとえ。

2.似た者同士で物事を行えば、うまく行くということ。

 

牛は牛連れ、馬は馬連れ:語源

牛と馬では歩調が合わないが、牛同士、馬同士であれば、歩調が合い連れ立つのがふさわしいことから「牛は牛連れ、馬は馬連れ」のたとえになったということです。

 

牛は牛連れ、馬は馬連れ:類義語

同類相求む

似た者夫婦

類は友を呼ぶ

割れ鍋に綴じ蓋

 

牛は牛連れ、馬は馬連れ:使い方

1.「牛は牛連れ、馬は馬連れ」というけれど、やっぱり趣味が同じ人とは話が弾みますね!

2.性格が反対の人と組んでもうまくいかないと思います。「牛は牛連れ、馬は馬連れ」ということもありますから。

 

牛は牛連れ、馬は馬連れ:まとめ

牛の群れ

仲良しの牛が青空の下に、勢揃いですね!

趣味が同じだと、ついつい話が弾んで長話になってしまいます。反対にあまり気が合わない人とは、話すことに困ってしまうことがあります。

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」は、似たもの同士は集まりやすいし、物事をするにも上手くいくということです。

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」の使い方は、易しいですので、チャンスがあれば使ってみてください。

 

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」というのは、本当ですね!
まきばっぱ

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, あ行の言葉
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.