地下室のロウソク

劇団四季オペラ座の怪人感想 橋元聖地ファントムの歌は力強く迫力があった

劇団四季

劇団四季オペラ座の怪人感想 橋元聖地ファントムの歌は力強く迫力があった

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

京都劇場までオペラ座の怪人を観劇に行ってきました。

怪人もクリスティーヌも新しいキャストの情報でしたのでどのようなのか楽しみです。

合わせてリハーサル見学会もありますので早い目に出かけました。

 

2018年3月6日 オペラ座の怪人 PM6:30開演

キャスト

オペラ座の怪人 橋元聖地
クリスティーヌ・ダーエ 岩城あさみ
ラウル・シャニュイ子爵 鈴木涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ 辻 奈々
メグ・ジリー黒柳安奈
マダム・ジリー佐和由梨
ムッシュー・アンドレ 青羽 剛
ムッシュー・フィルマン 青木 朗
ウバルド・ピアンジ 永井崇多宏
ブケー 田辺 容

【男性アンサンブル】
髙橋祐樹
宇都宮千織
深見正博
鈴木 周
見付祐一
村田慶介
新井 克
草場有輝
日浦眞矩

【女性アンサンブル】
熊埜御堂ゆかり
大中ゆかり
平木萌子
潮﨑亜耶
徳山稚子
吉田瑛美
堀内 恵
西田ゆりあ
羽田沙織
久田沙季
松岡ゆめ
小澤真琴

 

リハーサル見学会

オペラ座の怪人のリハーサル見学会はたくさんの人が来ていて大盛況でした。

リハーサルは2幕の最初の場面のマスカレードでした。細かい注意や位置の確認などしていて最後に最初から通して見せてもらえました。

俳優の皆さんは全員稽古着で普段の稽古風景を見ることができました。最後は俳優さんが残ってくださって質問の時間でしたがファントム役の橋元聖地さんもいらっしゃっていてお話を伺うことができました。

 

感想

オペラ座の怪人 橋元聖地

初めて橋元聖地さんのファントムを見ることができました。噂ではとっても恐ろしいファントムだと聞いていたので覚悟していたのですがゼンゼンそんなことはありませんでした。

ビジュアル的には若くて横顔が優しいファントムでした。クリスティーヌも少し心を動かされたのではと思ったのですがそれは無いですね。

ファントムの歌はどの歌も素敵な歌ばかりなので大好きなのですが、初めて聞かせてもらった橋元ファントムは力強くて迫力がありました。

もっと慣れてこられるともっと凄いことになるのではないかという予感を感じました。

最後の隠れ家の場面ではクリスティーヌには愛されていないと分かったファントムがやっぱり可哀想になってしまいました。それで橋元ファントムは佐野さんに近いかなと思いました。

 

クリスティーヌ・ダーエ 岩城あさみ

岩城クリスティーヌは美しいソプラノで本当に素晴らしい歌を聞くことができました。

そしてビジュアルは美しいというよりは可愛いいですがとっても意志の強いクリスティーヌだと思います。

ファントムに連れ去られるシーン、船に乗せられて湖を渡るところは新しくコーラスが入ってとっても素敵になっています。

ファントムとクリスティーヌの歌にうっとりと聞き入ってしまいました。

そして隠れ家に連れてこられたクリスティーヌの歌がどんどん音程がマックスまで上がるところも余裕が感じられるほどでした。すごく良かったです。

演技の方はもう少し慣れるともっと素敵になる予感がします。

 

ラウル・シャニュイ子爵 鈴木涼太

とっても落ち着いた大人なラウルです。そうして鈴木ラウルはクリスティーヌを優しく見守っています。

オペラ座の屋上でのクリスティーヌとのロマンチックな場面は大好きなんですが二人の素敵な歌声にうっとりと聞いてしまいました。

鈴木ラウルはクリスティーヌをしっかりサポートしていてとっても良かったです。

 

カルロッタ・ジュディチェルリ 辻 奈々

初めて拝見するカルロッタです。プリマドンナであるカルロッタはクリスティーヌに負けないぐらいにしっかりと歌える方でないといけませんね。

辻カルロッタは本当に歌が上手だと思いました。とってもハリのある美しい声をしています。クリスティーヌの対しては少し優しい目のカルロッタだと思いました。

歌の迫力は抜群でした。新しいカルロッタの辻さんはとっても良かったです。

 

メグ・ジリー黒柳安奈

しっかりもののメグ・ジリーでクリスティーヌの親友でもあります。クリスティーヌと姉妹のように仲良くしていています。

キャッツでは岩城クリスティーヌも黒柳メグも同じネコの役をしているという情報ですが二人共にシラバブの役だということです。

黒柳メグはダンスは勿論ですが歌も上手く歌っていたと思います。勇敢にファントムの隠れ家に来てマスクを見せる最後の場面はとってもステキでした。

 

ムッシュー・アンドレ 青羽 剛 ムッシュー・フィルマン 青木 朗

青羽さんといえば美女と野獣の印象が強いのですが、アンドレ役もとってもユーモアがあってさすがだと思いました。

2幕の最初のフィルマンさんとの暗がりでのやりとりは何度見ても面白くて笑ってしまいます。それなのに青羽さんと青木さんが良い声で歌うので又それがとってもいい感じだと思うのです。

 

ウバルド・ピアンジ 永井崇多宏

カルロッタの影に隠れてあまりスポットが当たらないピアンジですがオペラの稽古場面で音程を何度も外してしまうのですが、音を外して歌うのは相当難しいことだと思うのです。

(特にクラシックの方は絶対に音程は外れないように練習しますからね)

永井ピアンジはカルロッタの影に隠れていながらもカルロッタを支えているのがよくわかって良いな~と思いました。歌も抜群のテノールで素晴らしかったです。

 

まとめ

橋元聖地ファントムと岩城あさみクリスティーヌの若い二人によってオペラ座の怪人も少し若返った感じがしました。

音楽もコーラスなど入るところが新しくなってとっても重厚さを感じました。

公演前にリハーサル見学会があってマスカレードの場面を丁寧にチェックしている様子など見せてもらえたのが良かったです。

クリスティーヌの岩城さんは可愛いね~!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-劇団四季
-, , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.