『川口成彦フォルテピアノ・リサイタル』ショパンの時代にタイムスリップ

川口成彦フォルテピアノリサイタル

川口成彦さんのフォルテピアノ・リサイタルに兵庫県立芸術文化センターまで行ってきました。

オール・ショパン・プログラムということで、ショパン好きなまきバッパにとって、魅力的な内容です。

フォルテピアノの音色は優しい音色なので、いつも聞いているピアノとの違いはどうなのか?

とても気になります。

ショパンの曲をフォルテピアノで聞くのは初めて!
まきばっぱ

 

使用楽器

 

ヨハン・ゲオルク・グレーバー制作

オリジナル・フォルテピアノ(182o年インスブルック)

* ウィーン式アクション(跳ね上げ式)

 

プログラム

 

1 春

2 2つのポロネーズ

3 4つのマズルカ

4 ピアノ協奏曲第2番より 第2楽章(ピアノ・ソロ編曲版)

 

休憩

 

5 シューベルト風ワルツ・チクルス

(ワルツホ長調・遺作ーイ長調ーヘ長調ー変イ長調)

6 夜想曲第2番 変ホ長調

7 ロンド ハ短調op.1

8 エチュード集op.25より第1番「エオリアンハープ」、第5番、第10番

9 エチュード集op.10より第3番「別れの曲」、第9番

10 葬送行進曲(ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op,35より第3楽章)

 

まとめ

 

フォルテピアノの優しい音色で聴くショパンの曲は、最後まで心地よく聞くことができました。

ペダルが複数ついており、ペダルで音色が変化します。

ショパンのポロネーズ、マズルカ、ワルツ、夜想曲、エチュード、ソナタ、協奏曲等と、盛りだくさんな内容で、曲の解説もしていただき、ショパンを堪能することができました。

ショパンの曲をフォルテピアノで聞く事で、ショパンの時代にはこのような音色で演奏されていたのだな~と思いを巡らせることができました。

初めて川口成彦さんのリサイタルを聞かせてもらって、本当によかったと思いました。

まきばっぱ
好きなショパンの曲を堪能しましたよ!

 

関連記事と一部広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-舞台観劇

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2022 All Rights Reserved.