キャッツの目

劇団四季 キャッツの歌(1)ジェリクルソングの中の猫は21種類いた

劇団四季 ミュージカル

劇団四季 キャッツの歌(1)ジェリクルソングの中の猫は21種類いた

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

キャッツのミュージカルには楽しい歌がたくさん歌われています。

そんな歌を紹介していこうと思います。

作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー

訳詞:浅利慶太

 

ミュージカル・キャッツの歌(1)

1.ジェリクルソング

長老猫

歳をとった長老猫

この歌は初めにうたわれる全員で歌う歌です。

マンカストラップの「生まれたのか」その後シラバブが「闇の中に」~というふうに、次々にネコがリレーして歌っていきます。

マンカストラップ>>シラバブ>>アスパラガス>>スキンブルシャンクス>>ラム・タム・タガー>>ランバスキャット>>グリザベラ>>そして全員での合唱となります。

ジェリーロラムが「嵐が来る~その気配を」引き継いでコリコパットが「見逃さずに~感じられるか」~と歌います。

ジェリーロラム>>コリコパット>>ジェミマ>>オールドデットロノミー>>全員で合唱>>タントミール>>ジェニエニドッツ>>マンゴジェリーとランペルティーザ>>ボンバルリーナ>>ミストフェリーズ>>タンブルブルータス

ギルバートが「みすぼらしく~」続いてディミータが「やせていても~」と歌い

ギルバート>>ディメータ>>マキャヴィティ>>カッサンドラ

次から全員で

お前こそがジェリクルキャッツ~ジェリクルキャッツ~ジェリクルソング・・・繰り返し歌います。

どんな音でも歌えるか・・・上のCまで出せるか・・・いろんな種類のキャッツを並べて歌っています。

歌詞に出てくるキャッツの種類

1.プラクティカルキャッツ:プラクティカルの意味は実用的ということですので、実用的=現実的ネコ

2.しぶといキャッツ

3.激しいキャッツ

4.ファナティカルキャッツ:ファナティカルは熱狂的の意味ですから熱狂的なネコ

5.オラトリカルキャッツ:思うがままに生きるネコ

6.お喋りなキャッツ

7.大げさキャッツ

8.ドラマティカルキャッツ:劇的なネコ

9.ロマンティカルキャッツ;ロマンチックなネコ

10.夢見るキャッツ

11.クリティカルキャッツ:批判的なネコ

12.批評キャッツ

13.アレゴリカルキャッツ:アレゴリカルは寓意(ぐうい)の意味ですので、直接的な表現をしない(何かをほのめかす)ネコ

14.神秘キャッツ

15.ミステリカルキャッツ:不思議ネコ

16.ポリティカルキャッツ:平等なネコ

17.政治好きキャッツ

18.嫌なキャッツ

19.ヒステリカルキャッツ:ヒステリックなネコ

20.シニカルキャッツ:皮肉なネコ

21.ひねくれキャッツ

歌の中で21種類ものネコが紹介されます。

そのあとは

アスパラガスが「驚いた顔をしているぞ~これはいったいなんだろう~

マンカストラップが「信じられないことばかり~知らないのか、ジェリクルキャッツ~」

この最初の歌「ジェリクルソング」でソロで歌っていないのはヴィクトリアとカーバケッテイの2匹です。

他のネコは順番に歌っていきコーラスの部分では壮大でとっても美しいハーモニーを聴くことができます。猫の種類のところは、意味が難しいこともあってなかなかわからなかったのですが、1つずつの意味がわかるとそういうことを言っていたんだということが分かります。

マンカストラップ「ジェリクルキャッツを知っているか?」

 

2.猫の名(ネーミング・オブ・キャッツ)

花畑の猫

お花畑を散歩している猫

猫のことについて全員でセリフを読み上げています。

ネコの3つの名前

1.普通に使われる名前:ベティ、メリー、フランク、トム:気楽に付ける名前で平凡すぎると言っています。

2.貴族的な名前:クレオパトラ、メディア、エリザベス、シーザー:やっぱり平凡である。

3.猫が求める名前:マンカストラップ、コリコパット、ボンバルリーナ、ジェリーロラム:威厳があって誇り高い名前。

4.唯一の名前:本当の名前は隠されたままになっているが人間には見つけられないし、猫は絶対に言わない。

<全員>猫に名前をつけるのは、とてもむずかしことなのです・・・で読みが始まります

読みの終わり:はかり知れない唯一のその名を~唯一のその名を~唯一のその名を~

ミストフェリーズで「ジェリクルキャッツ出てくる~」「ジェリクルキャッツ集まる~」・・・ジェリクルキャッツ今夜舞踏会~

ミストフェリーズ>>全員>>マンカストラップ

マンカストラップが、遥かなる天上の世界へ登れるのは、ただ1匹のジェリクルキャッツであることを言っています。

 

3.ジェニエニドッツ おばさん猫

歳をとってしまってちっとも動かずいつも寝ているおばさんネコのジェニエニドッツのことを歌っています。

でも本当は活動家のおばさんネコで夜になると起き出してゴキブリやネズミに教えているというのです。

タップダンスは素晴らしくてほかの猫たちがゴキブリやネズミに扮しています。そろってのタップダンスは見事で楽しい場面です。

マンカストラップ「優しいおばさん猫~その名はジェニエニドッツ~」と歌ってジェニエニドッツを紹介します。

そのあとに続いて3ガールズ(タントミール、ジェミマ、ジェリーロラム)「いえ、誰も知らないことだけど~」

続いてジェニエニドッツ「いつも暴れてうるさいからね」

3ガールズ「全員集めてきちんと並ばせ~」>>ジェニエニドッツ「聞かせる子守唄>>マンカストラップ>>3ガールズ>>ジェニエニドッツ>>3ガールズ>>ジェニエニドッツ>>3ガールズ>>ジェノエニドッツ>>3ガールズ

タップダンス

全員「素晴らしいおばさん、万歳」>>ジェニエニドッツ「ありがと、みなさん」

 

4.ラム・タム・タガー ツッパリ猫

なんといってもこの場面の魅力はラム・タム・タガーの魅力あふれるカッコ良さにあります。男らしくて素敵なネコですからメス猫さんたちの人気を独り占めしています。しかし、とっても変わり者ですからなかなかめんどくさいネコと言えます。

3ガールズ(タントミール、ジェミマ、ジュリーロラム)「ラム・タム・タガーこいつは、すねもの」と歌います

ラム・タム・タガー「欲しいものなど何にもない~」・・・・縛られないのが生き方さ>>

3ガールズ「ラム・タム・タガーこいつは気取り屋」>>ラム・タム・タガー>>3ガールズ「わがままものだよ」>>ラム・タム・タガー「忠告なんて、そいつは御無用」>>

3ガールズ「ラム・タム・タガーこいつはやっかい」>>ラム・タム・タガー「中にいるときゃ出たくなる」・・・・黙ったまんまで大騒ぎ>>

3ガールズ「ラム・タム・タガーこいつはすねもの」>>ラム・タム・タガー「信じるものは何にもない」>>3ガールズ>>ラム・タム・タガー「忠告なんて、そいつは御無用」

ジェリーロラム「ラム・タム・タガーこいつはつっぱり」>>ラム・タム・タガー「逆らい癖が染み付いた」・・・・「機嫌とるのは無駄なこと」

3ガールズ「ラム・タム・タガーこいつは変わってる」>>らむ・タム・タガー「ってすねものさ触れせたくとも触せないよ」・・・

ダンス:連れ去り席の人を連れてきて一緒にダンスを踊ります。

3ガールズ「ラム・タム・タガーこいつはおかしい」「・・こなせない」「・・つっぱり」>>ラム・タム・タガー>>3ガールズ>>ラム・タム・タガー「忠告なんて・・・・御無用」

 

5.グリザベラ:娼婦猫

グリザベラは歳を取って昔の面影はなくなり落ちぶれてあてもなく彷徨っています。みんなの仲間になりたくて集まっているジェリクルキャッツに近づいてきます。しかしみんなからは相手にされないで寂しく去っていきます。

グリザベラ「ごらん、はじらい、戸惑い・・・この惨めなわたしをー・・・」

ジェミマ「盛り場をうろつく、年老いた娼婦・・・」「まだ生きていたのかい・・」

ジェリーロラム「グリザベラはグラマーキャッツ」>>ジェリーロラム、ジェミマ>>全員「まさか本当にこの女が・・・」

 

6.バストファージョーンズ:大人物?

黒白猫

バストファージョーンズび似ている猫

会場から登場してきてジェリクルキャッツから大歓迎されて迎えられます。人のいい食いしん坊のお金持ちネコです。

ジェニエニドッツ「・・粋でキザ」>>シラバブ「つややかな毛並み」>>ジェリーロラム>>ジェニエニドッツ>>3ガールズ>>ジェニエニドッツ「彼が街にお出ましになりゃ・・」>>シラバブ「誰もがみな見つめている」>>ジェリーロラム「ご機嫌いかが」

全員「街一番の金持ちで、政治が大好き・・・」

バストファージョーンズ「わしは今回頼まれたんだ、政府の委員をね・・・」

メスネコ「街一番の金持ちで、政治が大好き」>>全員「お目に止まると恐縮です、そうバストファージョーンズさん・・・」

ジェニエニドッツ「そう、・・くいしんぼう毎晩宴会・・・・コレステロールのかたまり・・」>>バストファージョーンズ「豊かな人生」>>ジェニエニドッツ>>バストファージョーンズ「スポーツクラブにはいったよ・・」>>ジェニエニドッツ「金と力がね」

全員「こうして彼は花ざかり・・・・・大人物だよ」

 

7.マンゴジェリーとランペルティーザ:泥棒猫

泥棒をしているネコのカップルです。アクロバットのような軽快なペアダンスですが、自分たちの自慢話をしているうちに捕まってしまいます。

マンゴジェリー「マンゴジェリーと」>>ランペルテーザ「ランペルテーザ」>>2人「悪名高きカップルだ・・・」>>ランペルテーザ「さぁ財産もうけて」>>マンゴジェリー「住処はりっぱな一軒家」

2人「そこは単なる作戦地・・・」>>ランペルテーザ「狙ったところをちょいと」>>マンゴジェリー>>2人「・・・カップルの名は売れすぎ」

ランペルテーザ「窓が細めに開けられて」>>マンゴジェリー>>ランペルテーザ

2人「引き出しが開けられて、シャツが1枚消えたら」>>ランペルテーザ>>2人「皆、家族は口を揃えて」>>マンゴジェリー「またマンゴジェリー」>>ランペルテーザ「とランペルテーザ」>>2人「・・・泣き寝入り」

2人「・・・口達者」>>マンゴジェリー>>ランペルテーザ「・・・立派な家、立てたけどそこには住まずに」>>2人「二人が楽しむ遊びはおまわりさんとのおしゃべり・・・・」>>マンゴジェリー「骨付き肉を」>>ランペルテーザ「注文すると」>>2人「コックが出て来て」>>マンゴジェリー>>ランペルテーザ「すみません明日にしてください」

2人「肉がオーブンから消えました・・・」>>マンゴジェリー>>ランペルテーザ>>2人「ふたりの仕事は泣き寝入り・・・・見事な二人三脚だ」>>ランペルテーザ>>マンゴジェリー>>「嵐のように現れて」>>ランペルテーザ「嵐のように去っていく」>>マンゴジェリー>>ランペルテーザ

2人>>ランペルテーザ「台所や食堂で」>>ランペルテーザ「大きな音が聞こえて」>>マンゴジェリー>>ランペルテーザ>>2人「皆、家族は口をそろえて・・・・・二人の仕業は泣き寝入り」

 

8.オールドディトロノミー:長老猫

客席の後ろの方から登場してきます。ジェリクルキャッツたちはみんな嬉しそうに長老猫を出迎えます。とっても大きい猫で長生きしていて看取った奥さんは99匹だとか。このジェリクル舞踏会の主催者で天上に登るたった一匹のジェリクルキャッツを選びます。

シラバブ「彼こそがオールドディトロノミー」>>全員「幸せ、彼とともに生きる喜び、皆の願い集める彼こそが・・・・」>>マンカストラップ「・・・彼は知ってる、遠い過去の出来事を・・・」>>ラム・タム・タガー「・・・彼の目には真実と愛が溢れている、愛する妻の笑顔が・・・」>>マンカストラップ「あの街の教会がかれの住処・・・」>>マンカストラップ、ラム・タム・タガー「幸せ、彼とともに生きる喜び、皆の祈り集める彼こそは・・・」

全員「幸せ、彼とともに生きる喜び・・・・・・・・」

オールドデュトロノミー「ぼんやり夢を見ていた一日が今日も終わる」

 

9.メモリー

またグリザベラがジェリクル舞踏会のところへやってきます。

ジェリーロラム「引き裂かれたコート、ひきつれた顔」>>シラバブ「こみ上げる涙払いつつ微笑みかける」

グリザベラ「サイレンス静けさの中、思い出をなくしひとり微笑む・・・・・メモリー月明かりの中美しく去った過ぎし日を思う・・・」

 

まとめ

ジェリクルソングの出てくる猫の種類を数えると21ですが大変難しいネコがたくさんいることに気付かされました。リズムの中で歌詞が歌われていてあまり気にしていなかったのですがこうして書いてみるとよくわかります。

歌は男性ネコではマンカストラップとラム・タム・タガー、そして女性ネコは3ガールズやジェニエニドッツ、シラバブなどの活躍が目立っていました。

オールドデュトロノミーーがジェリクル舞踏会をして天上へ登る猫を決めます。みんなの尊敬する長生きしていろんな経験をしてきた偉いネコなのです。

 

その他の関連記事はこちらから

クロネコさん
劇団四季 キャッツの歌(2)シラバブとグリザベラのメモリーはとっても心打たれる歌

こんにちは!まきバッパです。 キャッツの中で歌われる歌は楽しいものやみんなで歌う壮大なコーラスやとっても切なくなる悲しい ...

猫と月のシルエット
劇団四季キャッツ感想 木村智秋の歌は心に響いた

2017年7月21日(木曜日) 大阪四季劇場にキャッツを観に行きました。 2回目キャッツは音量は非常に大きくて歌はしっか ...

月と猫
劇団四季キャッツ感想 一色龍次郎のダンスにため息がでた

  2017年7月17日(日曜日)PM1:00開演 大阪四季劇場にキャッツを観に行きました。 劇場で見るキャッ ...

魔女と猫
劇団四季キャッツの猫たちを紹介!ミストフェリーズの魔法のターンは何回?

こんにちは!まきバッパです。 ミュージカル「キャッツ」の猫は一体何匹いるのでしょうか?気になりますよね! 公演を見ていて ...

キャッツの看板
劇団四季 キャッツ感想 ミストフェリーズ永野亮比己の魔法のターンに驚いた

こんにちは!まきバッパです。 久しぶりに「キャッツ」のチケットが取れたので行ってきました。 土曜日のせいなのか梅田界隈は ...

 

 

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-劇団四季, ミュージカル
-, , , , , , , , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.