炎と夕日

「火に油を注ぐ」意味と使い方 なぜ油を注ぐなの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 は行の言葉

「火に油を注ぐ」意味と使い方 なぜ油を注ぐなの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「火に油を注ぐ」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

火に油を注ぐ

火に油を注ぐ:読み方

ひにあぶらをそそぐ

 

火に油を注ぐ:意味

勢いの激しいものに、いっそう勢いを加えることのたとえ。

 

火に油を注ぐ:語源

燃えている火に、油を注ぐと、一層燃え上がることから「火に油を注ぐ」のたとえになったということです。

 

火に油を注ぐ:類義語

駆け馬に鞭

薪に油を添える

吠える犬にけしかける

 

火に油を注ぐ:使い方

1.父に叱られていた時に、横から母が口出ししたので「火に油を注ぐ」結果になってしまった。

2.うっかり口を滑らしてしまったので「火に油を注いで」しまった。

 

火に油を注ぐ:まとめ

消防の人

燃え上がっている炎を消そうと奮闘している消防隊員

火が燃えているところに、油を注ぐと余計に燃え上がってしまいます。そんなことになると、大変なことになってしまいますよね。

「火に油を注ぐ」の使い方は、簡単ですので、チャンスがあれば使ってみてください。

 

いらないことを言って「火に油を注ぐ」ことになると、ダメですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, は行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.