スイートピーの育て方 春から夏まで可憐に咲く花

枝スイートピー

スイートピーの育て方 春から夏まで可憐に咲く花

こんにちは!まきバッパです。

可愛いお花を次々咲かせて楽しませてくれるスイートピーです。春から夏までの間の長い期間楽しむことが出来る花です。

誰でも大好きな花ですので志だて方を紹介しようと思います。

まきバッパ
まきバッパもスイートピーは大好きです

 

スイートピーの育て方

スイートピーの花

ピンクのスイートピーの花

マメ科

原産地:イタリア シシリー島

開花期:4月~6月

種のまき方

10月中旬~下旬に鉢や庭土に直接まきます。(早くまきすぎると冬に大きく成長してしまうのでまく時期を間違えないことです)

タネは硬いので芽を出させるのにひと工夫が必要です。

1.タネを一晩水につける

2.タネに傷をつけておく(芽が出やすいようにヤスリなどで削っておくと良い)

植える時の注意点

1.植え替えををすると根付かないので鉢植え、地植え共に直接種をまくのが良い

2.鉢植え、地植え共にタネを一箇所に2~3粒まとめてまく

3.発芽したら良いのを選んで間引きをする(発芽した苗が混み合っているいる場合は間引きする苗の株元で切って間引きすると残す苗の根を傷めない)

 

日常の手入れ

草丈が20cmぐらいになったら(3月ごろ)支柱を立てて倒れないようにする。

5~6節を目安にして上の部分を摘み取る>>脇芽が出てきて枝数が増える>>花が咲いたあとはそのままほっておかないで(ほっておくと種になって株が弱りますので)摘み取るようにする。>>長期間花を楽しむことができます

 

日当たり

日当たりが良いところを好むので日当たりの良いところに植える。日当たりが悪いとつぼみが咲かないで落ちてしまったり花付きが悪くなります。

寒さには強いのですが地植えの場合はシキワラなどして霜よけを行うこと。

 

水やり

赤いスイートピー

赤い(濃いピンク色)スイートピーの花

水はよく飲みますので土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしてください。水切れしないように気をつけること。

 

肥料

地植えの時は土に混ぜておく。追肥は化成肥料を3月頃に与える。

鉢植えの場合の追肥は液体肥料を花の咲く時期に2週間に1回の割合で与える。

肥料はチッソが多いと茎葉ばかりが茂って花付きが悪くなりますので気をつけること。

 

用土

水はけの良い土が良い。

赤玉土(小粒)8:腐葉土2の割合で混ぜた土を使う。

 

病気

うどんこ病:うどんこ病にかかると光合成を阻害されます。早い目に殺虫剤を散布し被害を食い止めるようにします。

 

害虫

アブラムシ:花などについて吸汁しますので見つけ次第駆除をします。

 

まとめ

種をまくときは一晩水につけておき種に傷をつけて植える。植え替えを嫌うので2~3粒植えて間引きをする。

水はけが良く日当たりの良い場所に植えて水をしっかりやり水枯れをさせない。

肥料はチッソの多いものは使わない。花が咲いたら種にさせないように管理する。

まきバッパ
注意を守って可愛い花を咲かせてくださいね

 

そのほかの関連記事はこちらから

 

関連記事と一部広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-家庭の園芸, 花の育て方
-, ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.