109箕面

映画 シング感想 動物たちの歌が凄いことになっていた

映画 ミュージカル

映画 シング感想 動物たちの歌が凄いことになっていた

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

楽しみに待っていた「SING/シング」の映画を観に行ってきました。動物たちが歌う歌が素晴らしかった!観に行って良かったです。

動物たちのお話ですがこれは人間社会にも共通することですね。自分の人生を変えるために挑戦をすることは大事なことですよね。

「箕面の109シネマズ」は、まきバッパの家から千里中央に出て「かやの中央」直通バスですぐに行くことができます。朝の一番早いのを予約したので遅れないように行きました。

朝早く行ったことがなくて知らなかったのですが、映画館はまだ開場していなくて大勢の人が並んで待っていました。9時過ぎからの上演だったのですが9時に会場とは驚きでした。

[speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="まきばっぱ.jpg" name="まきバッパ"]休みの日なので子供たちもたくさん来ていましたよ[/speech_bubble]
シングIMAX

IMAXの上映は1シアターです

SING/シング

109シネマズ箕面 IMAX3D 字幕

2017年3月20日(月曜日:春分の日)

 

スタッフ

監督 脚本:ガース・ジェニングズ

音楽:ジョビィ・タルボット

 

あらすじ

動物たちが暮らす町の劇場のお話。

コアラのバスターは小さい時からの夢である劇場の支配人です。しかし赤字続きで銀行の借り入れも払えなくて取り壊し寸前となっています。

かっては盛況だったのに今は全然ダメなことになっているのです。かっての栄光を取り戻すためにオーディションを開催することにします。

募集のチラシを作るのに事務員のトカゲのおばさんに頼みますが途中で義眼が外れてしまい賞金のゼロを2こ余分につけてしまいます。高額な賞金を目当てにたくさんのうた自慢が集まって大変なことになってしまいますが。

たくさんの中から選ばれたのはゾウの女の子「ミーナ」、ゴリラの男の子「ジョニー」、ヤマアラシの女の子「アッシュ」、ブタのママ「ロジータ」、ハツカネズミの「マイク」、ブタの男「グンター」です。

資金調達のためにひつじの友達のお金持ちのおばさんに協力をお願いしに行ってショウを見てもらうことになるのですがそこで大変なことが起こり、劇場が壊れてしまいます。

壊れた劇場は銀行のものになろうとしていた時にゾウのミーナが懸命に歌っているを聴いたバスターはメンバーに呼びかけて野外でショウ開きます。それがテレビで中継されてたくさんの人の感動を呼び劇場の再建が出来成功するという夢のようなそして心打たれるお話です。

[speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="まきばっぱ.jpg" name="まきバッパ"]ゾウの女の子ミーナの歌は素晴らしいよ[/speech_bubble]

主要メンバー

バスター(コアラ)

:劇場を復活させるために奔走する劇場支配人。小さい頃に劇場を持つことを夢見て、お父さんコアラが一生懸命に働いて資金を出してくれた大切な劇場です。

ミーナ(ゾウ)

:恥ずかしがりやで歌は抜群。でも人前では上がってしまうシャイな女の子です。お父さんや家族たちに励まされてオーディションに応募してきます。

劇場が壊れてしまったあとそこで一生懸命練習しているミーナです。それを聴いたバスターが野外コンサートを開くことを思いつきみんなを招集します。

ジョニー(ゴリラ)

:お父さんはギャングで息子のジョニーも仲間にしています。ジョニーは見張り役か運転手役なのですが。しかしジョニーは歌手になるのが夢でオーディションに参加してきています。バスターの提案でトカゲのおばさんにピアノを習って弾き語りを勉強しています。

強盗をしている父親を迎えに行くのが遅れてお父さんたち強盗団は捕まってしまいます。怒っているお父さんですがテレビで息子の歌を聴き仲直りできます。

アッシュ(ヤマアラシ)

:彼氏のヤマアラシとコンビを組んでパンクな歌を歌っていますがオーディションにはアッシュだけが受かってしまいそのことで彼氏に振られて失恋してしまいます。自分で作った歌を歌うパンクロックな女の子。

ロジータ(ブタ)

:子沢山で25匹の子ブタの育児に追われる毎日です。オーディションに行くためにいろいろ工夫をして出かけます。グンターとペアを組んでカッコいいシンガーに変身します。野外コンサートには子ブタを連れたお父さんが見に来てくれます。

マイク(ハツカネズミ)

:路上で歌を歌っているのですが高慢で自己中なハツカネズミです。でも歌だけは抜群に上手いのです。

グンター(ブタ)

:陽気で前向きなお祭り男です。ブタのお母さんのロジータとペアを組みます。

 

シングの楽曲

シングには60曲以上の楽曲が出てきます。日本からは「きゃりーぱみゅぱみゅ」の曲が使用されています。

 

1.ザ・ビートルズ:ゴールデン・スランバー

2.スペンサー・ディヴィス・グループ:愛しておくれ

3.ザ・ゾンビーズ:ザ・ウェイ・アイ・フィール・インサイド

4.ケイティ・ベリー:ファイヤーワーク

5.オリジナル:アイ・ドント・ワナ

6.デイヴ・ブルーベック・カルテット:テイク・ファイブ

7.ジェリー・ラファティー:霧のベイカー街

8.ヴィヴァルディ:協奏曲第1番ホ長調RV269<春>

9.ビヨンセ:クレイジー・イン・ラブ

10.レディー・ガガ:バッド・ロマンス

11.シール:キッス・フロム・ア・ローズ

12.ヴァン・ヘイレン:ジャンプ

13.ドノヴァン:ぼくの好きなシャツ

14.きゃりーぱみゅぱみゅ:きらきらキラー

15.シュービー・テイラー:スタウト・ハーテッド・マン

16・クレイジー・タウン:バタフライ

17.ニッキー・ミナージュ:アナコンダ

18.コーデッツ:ロリポップ

19.デジタル・アンダーグランド:ハンプティ・ダンス

20.ドリー・バートン:9時から5時まで

21.ラス・ケチャップ:アセレヘ~魔法のケチャップソング~

22.メン・ウィズアウト・ハット:セーフティ・ダンス

23.クリストファー・クロス:風立ちぬ

24.マイケル・ジャクソン:「ベン」のテーマ

25.サム・スミス:スティ・ウィズ・ミー

26.シーア:シャンデリア

27.スタン・グッツ:イパネマの娘

28.ビング・クロスビー:ベニーズ・フロム・ヘブン

29.きゃりーぱみゅぱみゅ:にんじゃりばんばん

30.オリジナル:ストレンジ・ループ

31.パッヘルベル:カノン

32.デニス・デ・ラート:サウンド・オブ・バイオレンス

33.メイノー:ミリオンバックスfeat.スウィズ・ビーツ

34.クリスタル・スティルツ:スター・クロール

35.ドレイク:ホールド・オン・ウィア・ゴーイング・ホームfeat.マジッド・ジョーダン

36.エンニオ・モリコーネ:チャイルドフッド・メモリーズfrom.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

37.キャット・スティーヴンス:ザ・ウィンド

38.ブーミッシュ:サッカー・パンチ

39.レナータ・テバルディ&カルロ・ベルゴンティ:歌劇<蝶々夫人>かわいい坊や

40.フレッド・アステア:レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス

41.バナナラマ:ヴィーナス

42.きゃりーぱみゅぱみゅ:こいこいこい

43.カーリー・レイ・ジェプセン:コール・ミー・メイビー

44.ジャック・ホワイト:ラブ・インタラプション

45.プッチーニ:歌劇<ジャンニ・スキッキ>~私のお父さん

46.メジャー・レイザー:ポン・デ・フロアfeat.ヴァイヴス・カーテル

47.テイラー・スィフト:シェイク・イット・オフ

48.ジョン・レジェンド:オール・オブ・ミー

49.オリジナル:セット・イット・オール・フリー

50.エルトン・ジョン:アイム・スティル・スタンディング

51.シンデイ・ローパー:トゥルー・カラーズ

52.ジプシー・キングス:バンポレオ

53.セニョール・ココナッツ:アラウンド・ザ・ワールド

54.ザ・ビートルズ:キャリー・ザット・ウェイト

55.カニエ・ウェスト:フラッシングfeat.ドゥウェレ

56.ワム:ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ

57.ルチァーノ・パヴァロッティ:歌劇<トゥーランドット>~誰も寝てはならぬ

58.ジェフ・バックリィ:ハレルヤ

59.フランク・シナトラ:マイ・ウェイ

60.クィーン&デビット・ボウイ:アンダー・プレッシャー

61.スティーヴィー・ワンダー:ドント・ユー・ウォーリー・アバウト・ア・シング

62.スティーヴィー・ワンダー:フェイスfeat.アリアナ・グランデ

 

まとめ

楽しいミュージカル映画になっています。

話の内容も難しくなく、一生懸命頑張る動物たちがたくさん出てきます。大人も子供も楽しめるたくさんの音楽に出会える映画だと思います。

まきバッパは音楽好きなのでとっても感動しました。

 

関連記事はこちらから

109シネマズ
モアナと伝説の海 勇敢な女の子と本当はいい人だったマウイ

こんにちは!まきバッパです。 2017年3月10日にエキスポシティへ「モアナと伝説の海」を観に朝早くから出かけてきました ...

撮影する人
映画 ラ・ラ・ランド感想 楽しいミュージカル映画です

こんにちは!まきバッパです。 楽しいミュージカル映画と噂の「ラ・ラ・ランド」を初日に見てきました。 エキスポシティにある ...

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-映画, ミュージカル
-, , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.