ヨットの甲板

劇団四季 ガンバの大冒険感想 服部ゆうの潮路さんは可愛らしいお姉さんだった

劇団四季

劇団四季 ガンバの大冒険感想 服部ゆうの潮路さんは可愛らしいお姉さんだった

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

寒い寒い日が続いています。今日は劇団四季の子供ミュージカル「ガンバの大冒険」が豊中にきたので見に行きました。

会場は阪急曽根駅を降りるとすぐなので4時開演と言うことで3時前に出かけて行きました。

 

2018年1月27日 ガンバの大冒険 豊中私立文化芸術センター大ホール

キャスト

ガンバ:分部惇平
ガクシャ:塩地 仁
イカサマ:木村帆香
シジン:戸高圭介
オイボレ:神保幸由
潮路:服部ゆう
ツブリ/忠太の父:青山裕次
マンプク:田代美里
ヨイショ:東泰久
バレット:片伯部春香
ボンヤリ:佐橋秀明
忠太:平田了祐
七郎:沓沢周一郎
ノロイ:脇坂真人

(アンサンブル)

イダテン:神田 瞬
塚田正樹
宮本勝志
平綿アンナ
濱中湧大
大寺葉月

 

あらすじ

町ネズミのガンバ(分部惇平)とマンプク(田代美里)が町で平和に暮らしていました。マンプクは食いしん坊なので船乗りネズミたちがご馳走を食べている噂を聞いて船乗りネズミのところへ行こうとガンバを誘います。

船乗りねずみ達はガンバと仲良くなりますがそこへ傷だらけになった島ネズミの忠太(平田了祐)が助けを求めてやってきます。

島にはイタチのノロイたちが島ネズミを襲って殺されているので助けを呼びに来たのです。

それでガンバたちは苦難を乗り越えてイタチのノロイたちをやっつけて島に平和が戻るというお話です。

 

感想

ガンバとマンプクのコンビが何ともユーモアがあって面白いし、マンプクは何時もお腹を空かしている食いしん坊で二人で歌って踊りながら船乗りネズミに会いに行くとこらは見ている子供たちも大喜びで見ていました。

ダンスの上手なバレットさんは本当にバレエが上手くて感心しましたしイカサマさんのサイコロさばきが見事でびっくりしました。

ノロイ軍団もちょっとユニークな格好で口が大きくてこれはひと目で悪者だとわかりましたし、本当にめちゃくちゃ悪者でした。

島に伝わる歌で満月の夜に向こうの島に渡ることができるというヒントがあったことやガンバが勇気を出してハヤブサのところに知らせに行くところなどはきっと子供たちに勇気は大切だというメッセージを出しているのだと思いました。

みんなで勇気と知恵を出して戦えばどんな強い悪者であっても勝つことが出来るということです。

歌もダンスもとっても素晴らしくて感激しました。子供のうちにこのような歌やダンスが優れたミュージカルを見ることは本当に良いことだと思います。

お話もとってもよくわかる内容で良かったです。小さい子供が大勢見に来ていて楽しんでいました。

最後に俳優さんたちがロビーに出てきてくれてお話や握手をしてくれました。ノロイ軍団は人気が無いようでしたが仕方ありませんね。

まきバッパも潮路姉さんと握手をしてもらいました。

子供ミュージカルも本当に楽しくて良いな~っと思いました。

 

まとめ

「ガンバの大冒険」はガンバという勇気ある町ネズミが勇気を出して悪のイタチのノロイたちに立ち向かって行くお話です。

本格的な歌とダンスでお話を進めていき子供たちに勇気という大事なメッセージを伝えるミュージカルです。

初めて「ガンバの大冒険」を見ましたが本当に感激しました。子供たちが一生懸命見ている様子を見て嬉しく思いました。

観劇できて良かったです。

本当に良いミュージカルでしたよ!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-劇団四季
-,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.