映画 グレイテスト・ショーマン感想 ヒュー・ジャックマン最高のショーマンだった!

グレイテスト・ショーマン

映画 グレイテスト・ショーマン感想 ヒュー・ジャックマン最高のショーマンだった!

こんにちは!まきバッパです。

音楽がいっぱいで心温まる映画を見に行きました。

実はこの映画「グレイテスト・ショーマン」はミュージカル映画ということでもあって前から見たいと言っていたのです。

それで息子が試写会に申し込んでくれて封切り前に1度見ていたのです。

試写会で見たときに素晴らしい映画でいっぱい感動を貰いました。

もう1度IMAXで見に行きたいと思って大画面でIMAXが見れる万博公園まで行ってきました。

大画面で大音響で本当にたくさん感動してきました。

 

2018年2月16日 グレイテスト・ショーマン感想

監督 マイケル・グレイシー
脚本 ビル・コンドン
音楽 ション・デブニー ショセフ・トラバニーズ

 

あらすじ

お話は19世紀で貧しい仕立て屋の息子(P・T・バーナム)が上流階級のお屋敷に父と住み込みます。

そこの娘であるチャリテイと知り合い仲良しになっていきます。チャリティの父は仕立て屋を蔑んでいて、娘に近づかないように注意しますが二人は気があって仲良しになります。

バーナムの父が亡くなりバーナムは屋敷を追われ町で浮浪者のような生活をしています。そのような生活をしていても、花嫁学校に入ったチャリティとは文通をして連絡を取り合っています。

ある日お腹を空かせたバーナムは一人の女の浮浪者にりんごを貰います。その優しい女の人は顔が歪んでいました。しかし自分も貧しいのにお腹を空かしている少年に大事なりんごをくれたのです。

大人になったバーナムは船会社の社員として勤めています。そしてチャリティを迎えに屋敷まで訪れます。

二人は結婚して家庭を持ちますが貧しい生活でした。

バーナムはチャリティの父親を見返したい野望があり一生懸命に家族のために働いていました。しかし勤めていた船会社が倒産してしまいます。

自分で事業をしようと銀行から融資をうけます。運良くお金を借りたバーナムでしたがそれで博物館を買ってしまうのです。

うまく集客できませんが借りたお金は返していかなくてはならないので困ってしまいます。

そうした中、娘にミュージアムは生きているものが居ないからつまらないと言われてしまいます。しかしソレがヒントになって少し人より変わった人達を募集します。

集まった人より変わった人達とそのミュージアムでショーをするとたちまち大人気になります。しかし新聞に酷評されて町の人たちからは出て行けと非難の声が上げられます。そのショーに反対する人がいたのです。

そんなことがあって評判が良くないバーナムでしたがある日フィリップ・カーライルと知り合って自分のショーに誘います。カーライルは上流階級の人で人気の劇作家でした。

カーライルのおかげでイギリスの王室にの呼ばれて女王に謁見します。そこで世界的な歌姫のジェニー・リンドと出会います。

バーナムはリンドに本物を聞きたいのだと説得してアメリカ公演を約束させます。コンサートの当日はアメリカの上流階級の人たちがこぞって聞きに訪れて大成功を収めます。

その公演でジェニー・リンドは素晴らしい歌を披露したのでした。すっかりリンドの歌に魅了されたバーナムはアメリカ各地で公演を計画して実行します。

公演は各地で成功しますがツアー途中でリンドの気持ちに気づいたバーナムは家族の元へと帰ってくるです。

ショーはカーライルに任せて旅に行っていたのですが、反対する暴徒に火を付けられてミュージアムは焼かれてしまいます。

火事の最中にバーナムが帰ってきたのです。すっかり焼けてしまったのでショーもできなくなってしまいましたがみんなが無事でした。

出演料も払えなくなったバーナムの所にみんな戻って来てくれたのです。世の中の人にのけものにされていた自分たちを認めてくれたバーナムの元へ。みんなは大きな家族だったのです。

それですっかり焼けた建物は立て直しに費用がかかり破産してしまったバーナムには無理でした。

そこでアイデアマンの彼は安い海辺の土地にテントでショーをやることにします。ソレが大当たりで前のように大勢の人に楽しんでもらえるようになりました。

ショーの中心にはバーナムがいたのですがそのポジションをカーライルに譲ります。そして仲違いしていた妻のチャリティに謝って許してもらい前のように幸せな家庭を取り戻したのです。

本当に良いお話ですね!
まきばっぱ

 

キャスト

ヒュー・ジャックマン(P・Tバーナム)
ザック・エフロン(フィリップ・カーライル)
ミシェル・ウィリアムズ(チャリティ・バーナム)
レベッカ・ファーガソン(ジェニー・リンド)
ゼンデイヤ(アン・ウィラー)
キアラ・セトル(レディ・ルッツ)
ヤヒヤ・アブドゥル・マティーン2世(W・Dウィラー)
サム・ハンフリー(トム)
エリック・アンダーソン
ポール・スパークス
パイロン・ジェニングス
ベッツィ・アイデム
エリス・ルービン
ナターシャ・リュー・ボルディッゾ

 

楽曲

作詞 作曲 ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール

The Greatest Show / ザ・グレイテスト・ショー
A Million Dreams / ア・ミリオン・ドリームズ
A Million Dreams(Reprise) / ア・ミリオン・ドリームズ
Come Alive / カム・アライヴ
The Other Side / ジ・アザー・サイド
Never Enough / ネヴァー・イナフ
This Is Me / ディス・イズ・ミー
Rewrite The Stars / リライト・ザ・スターズ
Tightrope / タイトロープ
Never Enough(Reprise) / ネヴァー・イナフ(リプライズ)
From Now On / フロム・ナウ・オン

 

感想

最初のプロローグと最後の場面が繋がる仕掛けになっていて楽しいショーの場面から始まりました。

ザ・グレイテスト・ショーの歌に乗り出演者のみんなで歌い踊る場面はほんとうに圧巻で音楽が耳に残ります。本当にカッコイイ曲で心も弾みます。ヒュー・ジャックマンのラップも良いですね。

本当に家族の幸せだけを求めているチャリティに対し上流階級にコンプレックスを持っているバーナムは途中で大事なことを見失ってしまいます。

最後には無一文になりますがショーの仲間たちが家族だと言って戻ってきてくれます。そこでまた知恵を出して安い土地にテントを張ってショーをするようになり大成功を収めます。

英国から呼んだオペラ歌手の歌に魅了されて一度は目的を見失いますが何が大事なのかを気がついて本当に良かったです。やはり1番大事なのは愛する家族ですものね。

お話も音楽も最高に良かったと思います。

 

まとめ

お話と音楽が本当に良いので心から楽しめるミュージカル映画でした。

ヒュー・ジャックマンとミシェル・ウィリアムズはお似合いのカップルでダンスシーンなど本当にステキでした。

子供の誕生日に素敵なロウソクのシーンがあって感動しました。本当に夢のような場面で可愛い女の子が二人が素敵なお願いをするのです。この場面はとっても好きでした。

ザック・エフロンは上流階級の人ですがヒュー・ジャックマンと仕事をするようになり本当に大切なものは何かに気がつきます。

火事の時に怪我をしてしまいますが回復をしてヒュー・ジャックマンからショーの真ん中の席を受け継いでいきます。

楽しい仲間たちとのショーはまだまだ続いていくということです。

音楽は最高でした!
まきばっぱ

関連記事と一部広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-映画, ミュージカル
-,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.