「九牛の一毛」意味と使い方 なぜ九牛なの?

牛の行列

「九牛の一毛」意味と使い方 なぜ九牛なの?

こんにちは!まきバッパです。

「九牛の一毛」って聞いたことがありますか?

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

広告

九牛の一毛

九牛の一毛:読み方

きゅうぎゅうのいちもう

 

九牛の一毛:意味

多数のうち極めて少ない部分のたとえ。また、たくさんの物事のうち比較にならないほどつまらない小さなこと。些細なこと。

 

九牛の一毛:語源

中国、前漢時代の歴史家司馬遷が友人任安に宛てた手紙に「たとい僕、法に伏して誅を受くるも九牛の一毛を亡が若し(私が罪によって殺されたとしても、それは九牛が一毛を失った程度のこと)」と書かれてあるところからの引用で「九牛の一毛」のたとえになったということです。

*九牛の「九」は、具体的な数字ではなく、数が多いという意味で、多くの牛の中のたった1本の毛という意味です。

 

九牛の一毛:類義語

死海の一滴

滄海の一粟

大海の一粟

大海の一滴

 

九牛の一毛:使い方

1.長い人生で出会った人は数多いけれど、親友と呼ぶ人は「九牛の一毛」ほどです。

2.「九牛の一毛」ほどのことで、くよくよ悩むのは駄目ですよ!

 

九牛の一毛:まとめ

毛長の牛

毛が長くて前が見えないのでは?可愛い長髪の牛さんです。

「九牛の一毛」というのは、ささいな事、取るに足らないことを言います。たくさんいる牛の中での1本の毛ということですので、本当に小さな事柄ですよね!

中国の歴史家の司馬遷が友人に宛てた手紙の中に「九牛の一毛」の事が出てきます。そのことから引用されたということです。

「九牛の一毛」の使い方は、少し難しいですが、チャンスがあれば使ってみてください。

 

「九牛の一毛」のようなことは、気にしないでくださいね!
まきばっぱ

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, か行の言葉
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.