「尻馬に乗る」意味と使い方 なぜ尻馬なの?

自転車の兄弟

「尻馬に乗る」意味と使い方 なぜ尻馬なの?

こんにちは!まきバッパです。

「尻馬に乗る」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

広告

尻馬に乗る

尻馬に乗る:読み方

しりうまにのる

 

尻馬に乗る:意味

誰かが乗った馬の後方、尻のあたりに便乗するように、他人の言うことやすることに、無批判で同調することのたとえ。

尻馬:二人で馬に乗る時の後部のこと。先を行く馬の後についていく馬のこと。

 

尻馬に乗る:語源

他人が乗っている馬の尻のところに乗るという意味から「尻馬に乗る」のたとえができたということです。

 

尻馬に乗る:類義語

尻馬に乗れば落ちる

付和雷同(ふわらいどう)

 

尻馬に乗る:使い方

1.Kちゃんは先生の「尻馬に乗って」僕に勝とうとしたので腹が立った。

2.H君を友達の「尻馬に乗って」からかったので、悪かったと反省した。

 

尻馬に乗る:まとめ

 

乗馬の女の人

広い野原を馬で散歩するのはとても気持ちが良いですね!

「尻馬に乗る」ということは、人の話を何も考えずに同調してしまうことです。同調するのはいいですが、ちゃんと自分で考えてからにしましょう!

「尻馬に乗る」の使い方は少し難しいですが、チャンスがあれば使ってみてください。

 

あまり「尻馬に乗る」ことは、しないほうが良いですね!
まきばっぱ

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, さ行の言葉
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.