怪我をした人

「怪我の功名」意味と使い方 なぜ怪我なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉

「怪我の功名」意味と使い方 なぜ怪我なの?

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

「怪我の功名」って聞いたことがありますか?

どんなことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

怪我の功名

怪我の功名:読み方

けがのこうみょう

 

怪我の功名:意味

1.失敗や過失をしたことが偶然に良い結果をもたらすことのたとえ

2.何気なくしたことが思いがけず良い結果を生んだことのたとえ

 

怪我の功名:語源

怪我:不測の結果:過ち

功名:手柄をたて名を上げること

*過ちが偶然生んだ手柄という事で「怪我の功名」のたとえになったということです。

 

怪我の功名:類義語

過ちの功名

 

怪我の功名:使い方

1.試合に負けたことでチームの弱点に気がついたことは「怪我の功名」だった。

2.父母が喧嘩したおかげで兄弟が仲良くなれたのは「怪我の功名」だと思う。

 

怪我の功名:まとめ

あ~失敗したと思っていたのに思いがけず良い結果になることってありますよね。

そんな幸運な結果を「怪我の功名」と言います。

使い方はそう難しくはありませんのでチャンスがあれば会話の中でも使ってみてください。

 

失敗が良い結果になったらラッキーですね!
まきばっぱ

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.