ドライのスターチス

スターチスの育て方 春に咲いて切花やドライフラワーに重宝する花

家庭の園芸 生活 花の育て方

スターチスの育て方 春に咲いて切花やドライフラワーに重宝する花

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

スターチスは切花にしても、とっても強くて長持ちするお花です。

お庭に植えても、細かいお花がとっても可愛いですね!

どうすれば、上手く育てることができるのでしょうか?

早速、スターチスの育て方を書いていこうと思います。

 

スターチス

青いスターチス

青に白のアクセントが可愛いですね!

スターチス:概要

イソマツ科 イソマツ属

和名:ハマハナサジ ニワハナビ ヒロハノハマサジ

一年草 二年草 多年草 半低木

原産地:世界中

開花期:4月から6月

*スターチス(リモニウム)は世界中に150種以上の仲間が分布しています。

一般的にスターチスと呼ばれているものは、リモニウム・シアヌツムとその園芸品種です。

*シアヌツムは地中海沿岸から小アジアを原産とします。和名は「ハナハマサジ」で、日本には昭和の初めに渡来しました。

ハナハマサジ:ピンク、青、白のカラフルな萼が美しく、日持ちも良いために切花やドライフラワーとして人気があり、多く栽培されています。

 

スターチスの育て方

スターチス:季節・日常の手入れ

*スターチスは本来は多年草ですが、園芸では一年草として扱われます。

切り戻し:宿根草の品種では毎年花を咲かせますので、花が咲き終わったあとに、10cmほど残して切り戻しをしておきます。

切花にする時の注意点:花が満開になって、充分に色がついてから、切花にすること(六分や七分咲きの時に切ってしまうと、水揚げが悪くなり、長持ちしません)

 

スターチス:日当たり

日当たりの良い風通しの良い場所で、育てるようにします。

 

スターチス:置き場所

雨に弱い性質があるので、プランターや鉢植えで育てます(長雨が続く場合は、軒下などに避難させることが出来ます)

寒さ対策:寒さには強いですが、霜に当たると枯れてしまいます(冬は室内に入れるか、霜の当たらない、軒下やベランダなどの移動させておきます)

*春に花を咲かせる対策:15度以下の低温に30日以上当てないと、春に花が咲きません(室内に置く場合は、早くに取り込まないようにします)

*庭植えで宿根性のものの冬対策:地面に敷きワラをして、霜の当たるのを防いであげるようにします。

 

スターチス:水やり

加湿を嫌いますので、土が乾いてから、たっぷりと水を与えます(加湿になると茎がひょろひょろしてしまいます)

つぼみが付いてからは、特に加湿にならないように、気をつけてください。乾かし気味にすると、しっかりした太い株に育ちます。

 

スターチス:肥料

植え付けの時に、粒状の緩効性肥料を土に混ぜておいて、追肥として3月頃に液体肥料をあげます。

肥料をあまり与えすぎると。葉ばかり茂って花付きが悪く、茎も伸びすぎて、花姿が悪くなりますので、注意してください(元気に育っているようでしたら、追肥は不要です)

*くれぐれも肥料を与えすぎないように、注意してください。

 

スターチス:用土

*水はけのよいものが、適しています:赤玉土(小粒)6+腐葉土3+川砂1の割合で混ぜた土:または草花の培養土を使用します。

*庭植えの場合:土が柔らかくて、砂質の場所が良い:根が深く張って、株が大きくなり、花もたくさん付きます。

 

スターチス:植え付け・植え替え

*苗の植え付けは、春が適期になります。

*一年草のものは、植え替えは不要です。

宿根草の場合は、3月頃に一回り大きい鉢に、新しい土を入れて植え替えます。

 

スターチス:増やし方

種蒔きで増やすことができます。

9月中旬から10月中旬に、種を蒔きます。

*種は毛が生えていて、そのままでは発芽しにくいので、種と砂を混ぜて、手でよく揉んで毛を取ってから、蒔くようにします。

手順

種蒔き用土または赤玉土を入れた鉢に、種を蒔く(発芽するまでは、乾燥させないようにする)>>発芽したら、小さなビニール鉢に仮に植える>>本葉が5枚ぐらいになったら、鉢やプランターに植え付ける(庭植えにするときは、春になるまで待って植え付けます)

 

スターチス:かかりやすい病害虫

害虫:カイガラムシ アブラムシ ハダニ

病気:灰色カビ病

 

スターチス:まとめ

クリーム色のスターチス

クリーム色のスターチスです。優しい色でステキですね!

スターチスは、水はけのよい土を好み、肥料は与えすぎると、葉ばかり茂って形の悪い株になります。

15度以下の低温に30日以上当たらないと、春に花を咲かせません。冬に室内に取り込む場合は注意が必要です。

風通しの悪い場所で育てると、灰色カビ病など発生して、枯れてしまいますので、風通しの良い場所に置いて育ててください。

 

スターチスはドライフラワーにもなって長期に楽しめますね!
まきばっぱ

 

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-家庭の園芸, 生活, 花の育て方
-, , , , , , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.