濃いピンク色のシュウメイギク

シュウメイギクの育て方 秋に咲く優雅な花

家庭の園芸 生活 花の育て方

シュウメイギクの育て方 秋に咲く優雅な花

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

秋に可愛く咲いてくれるシュウメイギクです。

どう育てたら綺麗に咲かせることができるのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

シュウメイギク

白のシュウメイギク

白のシュウメイギクです

シュウメイギク(秋明菊):概要

キンポウゲ科 イチリンソウ属 多年草

和名:キブネギク(貴船菊)

*中国から古い時代に入ってきた帰化植物です。

多年草で、秋に高く伸びた花茎の先に、大輪の花をつける。花弁に見えるのは萼片で花弁はありません。

 

シュウメイギク:育て方

シュウメイギク:季節・日常の手入れ

切り戻し:花が枯れたら、咲いていた茎を切る(来年も花を咲かせるために、切り戻しをします)

*冬になると花全体が枯れた状態になりますので、綺麗に枯れたものを、取り除いておきます。

 

シュウメイギク:日当たり

半日陰を好みます(日差しが強いと、葉が乾燥して、生育が悪くなります)

 

シュウメイギク:置き場所

*庭木の下、家の北側、庭木や生垣などの間などが適しています。

*冬には地上部分が全部枯れてしまい、地下茎で冬を越します。寒さに強いので、防寒の対策は不要です。

 

シュウメイギク:水やり

湿り気のある土壌を好むので、土が乾いたらたっぷりと、水を与えます。

地植えの場合は、半日陰で湿り気のある土壌ですので、特に水やりは必要ではありません(植え付けてから、根付くまでの間は、水を与えます)

 

シュウメイギク:肥料

お礼肥え:花が終わった頃に、化成肥料や固形の油かすを株の少し離れた場所に置きます。

*お礼肥えは、来年も花を咲かせるための、大切な肥料です。忘れずにお礼肥えをしてください。

 

シュウメイギク:用土

水持ちが良くて、有機質に富んだ弱酸性の土を好みます。

地植えの場合、保水力に問題があるときは、腐葉土を3割ぐらい混ぜ込んでマルチングしてあげます。

(マルチング:土壌の乾燥や多湿、地温の上昇などを防ぐため、わらやビニールで耕地をおおうこと)

鉢植えの場合は、小粒赤玉土と腐葉土を混ぜた土に緩効性肥料を混ぜ込みます。

 

シュウメイギク:植え付け・植え替え

適期:3月~4月に行います。

*地植えの場合は環境がよければ順調に株が増えて行きます。元気に育っているのであれば、植え替えはしないほうが良いです。

増えすぎて、窮屈になって、生育に影響が出ている場合は、株分けも兼ねて、植え替えをします。

*鉢植えの場合は、株が増えることを考慮して、6号鉢(直径18cm)に1株を目安に植えます。

 

シュウメイギク:増やし方

3月~4月の時期に株分けをして増やせます(地下茎から伸びた先に、子株ができているので、それを地植えや鉢植えにします。

 

シュウメイギク:かかりやすい病害虫

新芽などにアブラムシが発生します(アブラムシは小麦粉水を作って吹きかけ、しばらくすると、アブラムシが窒息しますので、きれいな水を吹きかけて洗い流すと退治出来ます)

 

シュウメイギク:まとめ

ピンク色のシュウメイギク

薄いピンク色のシュウメイギクです。とっても可憐ですね!

シュウメイギクは半日陰でやや湿った土を好みます。地下茎で増えますので、子株を株分けしてどんどん増やすことができます。

また、来年度に咲いてもらうために、切り戻しやお礼肥えを忘れずにすることです。

毎年、可憐な花を咲かせますので、植えてみてください。

 

白色の花は清楚で、ピンクの花は可憐ですね!
まきばっぱ

 

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-家庭の園芸, 生活, 花の育て方
-, , , , , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.