大きな木と青空

「寄らば大樹の陰」意味と使い方 なぜ大樹なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 や行の言葉

「寄らば大樹の陰」意味と使い方 なぜ大樹なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「寄らば大樹の陰」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

寄らば大樹の陰

寄らば大樹の陰:読み方

よらばたいじゅのかげ

 

寄らば大樹の陰:意味

頼るなら勢力の大きなものに頼るべきだということのたとえ。

 

寄らば大樹の陰:語源

身を寄せるなら小さな木の下より大きな木の下の方が安全で安心して雨宿りや日差しを避けるにも良いことから「寄らば大樹の陰」のたとえになったということです。

 

寄らば大樹の陰:類義語

犬になるなら大家の犬になれ

 

寄らば大樹の陰:使い方

1.「寄らば大樹の陰」ということばかりの人生では大きな仕事は成功できないと思う。

2.どうしても自分で切り抜けたいのはわかるけど「寄らば大樹の陰」という方法もありますよ。

 

寄らば大樹の陰:まとめ

大きな木

大樹の影は涼しい風が吹いて心地いいですね!

「寄らば大樹の陰」というのは夏の暑い日差しの中でも木陰を作ってくれるし雨が降っても樹の下に入れば雨宿りができるということです。人も勢いがあって実力がある人はとっても頼りがいがありますので大樹と同じだということですね。

「寄らば大樹の陰」の使い方は難しくありませんのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

人に頼ってばかりではいけませんね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, や行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.