仲良し犬と猫

「猫なで声」意味と使い方 なぜ猫なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 動物 な行の言葉

「猫なで声」意味と使い方 なぜ猫なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「猫なで声」ってよく聞きますよね。

一体どんな声なんでしょうか?

なぜ猫の声なんでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

猫なで声

猫なで声:読み方

ねこなでごえ

 

猫なで声:意味

優しい声で媚を含んでいる声のこと

 

猫なで声:語源

猫は好きな人に撫ぜられたり声をかけられると優しい甘えた声を出します。そのことから「猫なで声」のたとえになったということです。

 

猫なで声:使い方

1.いくら「猫なで声」でお願いされてもおこずかいを値上げできません。

2.父は母から昨夜私が遅く帰った訳を聞き出そうとして「猫なで声」で聞いていたが母が言わないので我慢できなくて怒鳴りまくっていた。

3.うちの犬の白ちゃんは撫でられると「猫なで声」を出して甘えてくる可愛い犬です。

 

猫なで声:まとめ

猫は甘え上手でやさしいですよね。

その甘えて出す声ことを「猫なで声」と言ったのです。

意味的には優しい声だけど媚を含んだ声だそうですからあまり良い意味ではないと解釈できます。

使い方は簡単ですからチャンスがあれば使ってください。

但し人間に使用する場合は失礼にならないようによく考えてくださいね。

 

簡単だから使ってみてくださいね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, な行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.