稲畑

「実るほど頭の下がる稲穂かな」意味と使い方 なぜ稲穂なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 ま行の言葉

「実るほど頭の下がる稲穂かな」意味と使い方 なぜ稲穂なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「実るほど頭の下がる稲穂かな」って聞いたことがありますよね!

どういうことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

実るほど頭の下がる稲穂かな

実るほど頭の下がる稲穂かな:読み方

みのるほどあたまのさがるいなほかな

 

実るほど頭の下がる稲穂かな:意味

人格者ほど謙虚であるということのたとえ。

 

実るほど頭の下がる稲穂かな:語源

稲は実るほどに、稲穂が垂れ下がってくるように、人も人格者や優れている人ほど、謙虚であるということから「実るほど頭の下がる稲穂かな」のたとえになったということです。

 

実るほど頭の下がる稲穂かな:類義語

米は実が入れば俯く、人間は実が入れば仰向く(こめはみがはいればうつむく、にんげんはみがはいればあおむく)

実の入る稲は穂を垂れる

 

実るほど頭の下がる稲穂かな:使い方

1優秀な.D君は「実るほど頭の下がる稲穂かな」というように、いつも謙虚である。

2.成功者のHさんは「実るほど頭の下がる稲穂かな」を実践しているような人です。

 

実るほど頭の下がる稲穂かな:まとめ

馬のおじぎ

白馬の素敵なご挨拶です!

「実るほど頭の下がる稲穂かな」というには、稲穂がたわわに実ると垂れてくるように、人格者ほど頭が低くて謙虚であるということです。

人は謙虚でないといけないですよね!

「実るほど頭の下がる稲穂かな」の使い方は、少し難しいですが、チャンスがあれば使ってみてください。

 

人は謙虚でなければいけないですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, ま行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.