「夕立は馬の背を分ける」意味と使い方 なぜ馬の背なの?

2重の虹

「夕立は馬の背を分ける」意味と使い方 なぜ馬の背なの?

こんにちは!まきバッパです。

「夕立は馬の背を分ける」って聞いたことがありますか?

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

広告

夕立は馬の背を分ける

夕立は馬の背を分ける:読み方

ゆうだちはうまのせをわける

 

夕立は馬の背を分ける:意味

ある場所では雨が降っているのに、ごく近い場所では晴れているということ。また夕立の降る範囲のきわめて狭いということ。

 

夕立は馬の背を分ける:語源

夕立は馬の背の片側を濡らしても、もう一方側は濡らさないことがあるように、局地的な降り方をすることから「夕立は馬の背を分ける」のたとえができたようです。

*馬の背の片方だけを濡らすのは、極端すぎるということから「山の尾根」が転じて「馬の背」になったという説もあります。

 

夕立は馬の背を分ける:類義語

馬の背を越す

夏の雨は牛の背を分ける

夏の雨は馬の背を分ける

 

夕立は馬の背を分ける:使い方

1.「夕立は馬の背を分ける」といったことが起こって、100メートル先の道は、全く濡れていなかった。

2.「夕立は馬の背を分ける」と言って、いつ夕立が降るかわからないので、折りたたみ傘を持っていたほうが良いと思う。

 

夕立は馬の背を分ける:まとめ

傘と雨靴

雨の日の必需品!雨傘と雨靴です!

「夕立は馬の背を分ける」っていうことは、本当に起こります。道が濡れているところと、濡れていないところが、はっきりと分かることがあります。その現象のことを「夕立は馬の背を分ける」と言います。

「夕立は馬の背を分ける」の使い方は易しいですので、チャンスがあれば使ってみてください。

 

夏は夕立に気を付けないと、いけないですね!
まきばっぱ

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, や行の言葉
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.