試験前の勉強

「初心忘るべからず」意味と使い方 なぜ忘るべからずなの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉

「初心忘るべからず」意味と使い方 なぜ忘るべからずなの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「初心忘るべからず」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

初心忘るべからず

初心忘るべからず:読み方

しょしんわするべからず

 

初心忘るべからず:意味

何事においても、始めた頃の謙虚で真剣な気持ちを、持ち続けていなければいけないということ。

 

初心忘るべからず:語源

室町時代の能を大成させた世阿弥が、能楽の修行について言った言葉「花鏡」の中に「当流に万能一徳の一句あり。初心不可忘」と書かれてあります。

このことは、学び始めた頃の謙虚な気持ちを、忘れてはならないということです。そのことから「初心忘るべからず」のたとえになったということです。

*花鏡の中に能の修行は「是非の初心、忘るべからず(若い頃の初心)」「時々の初心、忘るべからず(人生の段階の初心)」「老後の初心、忘るべからず」ということも書かれてあります。

*いくつになっても初心(未熟さ)を忘れないで能の修行をしなさいということです。

 

初心忘るべからず:類義語

初心改めず

 

初心忘るべからず:使い方

1.仕事についた頃は頑張っていたけれど、この頃少し気が抜けてきた。「初心忘るべからず」でもう一度頑張ろうと思う。

2.ちょと先生に褒められたからって、いい気になっていた「初心忘るべからず」で、勉強頑張るよ!

 

初心忘るべからず:まとめ

勉強中の女の子

先生のお話を一生懸命に聞いている女の子です。頑張っていますね!

何事にも通じる「初心忘るべからず」のたとえです。勉強でもスポーツでも生活でも「初心忘るべからず」で頑張らないといけません。

ちょっと仕事に慣れると、いい加減になってしまうことがあります。そういった時は、仕事を始めた頃を思い出して、また新たに頑張るということです。

「初心忘るべからず」の使い方は易しいですので、チャンスがあれば使ってみてください。

 

「初心忘るべからず」は、何事にも通じる言葉ですね!
まきばっぱ

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.