[認知症] 本人の気持ちを考えた家族の接し方について

古いコテージ

[認知症] 本人の気持ちを考えた家族の接し方について

こんにちは!まきバッパです。

「認知症」の方の気持ちに沿った家族の接し方は、どうすれば良いのでしょうか?

「認知症」になった方は、自分はどうなってしまったのだろうかと、不安を感じているはずです。家族の方が理解して接してあげることが大事です。

早速、その対策を書いていこうと思います。

 

広告

[認知症] 家族の接し方(本人視点のケアを考える)

1.安心感を与える

本人はついさっきしていたことなどを忘れてしまい、不安に思っています。

そのときは優しく「さっきはこうしていましたよ!」って、優しく教えてあげるのが良いのです。そのことで忘れていたという不安から、解放され安心します。

 

2.幻覚を見たときは、頭ごなしに否定しない

幻覚なので、家族の人は見えていません。しかし本人には見えているので、否定しないで話を聞いてあげます。

そんなことは違うとか言ってしまうと、本人は傷つきますので、よく聞いてあげることが肝心です。

 

3.失敗してもそのことを責めない

誰でも失敗を繰り返してしまうと、自信を失って落ち込んでしまいます。ましてや本人は、自分がどうなったのだろうと不安を感じているので、責めるのではなく、温かくフォローしてあげます。

反対に上手く出来たときは、しっかり褒めて自信をつけるようにしてあげます。

 

4.「こうしたら良いのに」といったような「指導」「注意」をしない

認知症の方は、指導をされてもうまくできません。うまくできなかったということが心に残って、本人がつらい思いをするので、指導や注意は控るようにします。

 

5.「プライドを傷つける」ことはしない

認知機能は低下していますが「プライド」は失われていません。子供に言うように接したりすることは、本人のプライドを傷つけます。

プライドを傷つけないように注意をするとともに、敬意を持って接することが大切です。

 

6.正面から顔をみて話しかける

認知症になると注意の及ぶ範囲が狭くなります。話しかけるときは、本人の顔を見て正面から笑顔で話しかけます。言葉は1語ずつ区切って話すと、本人が理解しやすくなります。

 

[認知症] 家族の接し方(本人視点のケア)まとめ

庭の風景

明るい日差しの中でティータイムをすると、気持ちが晴れやかになりますね!

家族は「認知症」になってしまうと「何もわからなくなる」と考えてしまいます。しかし認知症になっても、感情やプライドなどはそのまま残っています。

認知症になった人の気持ちを考えて、プライドを傷つけない接し方をすることや、失敗しても責めないで、うまくフォローしてあげることが必要になります。

認知症になった本人が一番不安に思っているのですから、家族はそのことを頭に入れておいて、優しく接してあげてください。

 

家族のフォローが1番大事ですね!
まきばっぱ

 

参考資料:NHKきょうの健康2017年8月号

-健康, 家族, 認知症, 生活, すぐ読めるちえ
-,

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.