[軽度認知障害] 認知症に移行しないために自分でできること

旅行中の老夫婦

[軽度認知障害] 認知症に移行しないために自分でできること

こんにちは!まきバッパです。

「軽度認知障害」はまだ「認知症」になる前の段階です。

「軽度認知障害」の方が「認知症」に移行しないためには、どのように日常を過ごせば良いのでしょうか?

自分でできることがあるのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

広告

軽度認知障害

軽度認知障害:認知症に移行しないために自分でできること

*認知症に移行しないためにする対策は「体を動かすこと」と「頭を使うこと」の2つの課題です。

*「体を動かすこと」と「頭を使うこと」で「脳の神経細胞」を「活性化」する目的です。

 

1.適度な運動を続ける

1日30分~60分程度の散歩をできるだけ毎日行う:運動によって脳の神経を活性化させます。

 

2.考える習慣をつける

日頃から考える習慣をつけて、頭を使うことが必要です。

*パズル、将棋、囲碁、チェス、読書など

 

3.創造的な趣味を持つ

物を作ることは脳の神経細胞を活性化します。

*手芸、工芸、絵画、ぬりえなど

 

4.人とお喋りをする

緊張感を持ってお喋りをする。初対面の人や余り親しくない人に声をかけて会話することで、緊張感を持ってお喋りをすることができます。(親しい人とのお喋りは緊張感が乏しくなってしまいます)

適度な緊張感によって脳の神経細胞が活性化します。

 

5.旅行を楽しむ

いつもと違う場所に行って刺激を受けることで、脳の神経細胞が刺激されて活性化します。

旅行のプランなどを考えることで頭を使うことになり、温泉や自然に触れることで脳をリラックスさせることができます。

 

6.新しいことにチャレンジする

高齢者は今までの趣味以外のことには関心を持ちませんが、やってきていないことにチャレンジすることで、脳の神経細胞を刺激できます。

 

軽度認知障害:認知症に移行しないために自分でできること:まとめ

一人で散歩中

のどかな日差しの中、ゆっくりと一人で散歩中の老婦人!

日本には「軽度認知障害」の人が約400万人いると言われています。この400万人のうち5~15%の人が「認知症」に進むと考えられます。

「軽度認知障害」の段階で気付いて、頭を使ったり運動をしたりという対策をすれば、認知症の発症を防げる可能性があります。

「軽度認知障害」の段階で自分のできることを、運動と頭を使うことを、毎日行ってください。努力して行えば良い結果に結びつくはずです。

 

自分でできることをしてくださいね!
まきばっぱ

 

参考資料:NHKきょうの健康2017年8月号

-健康, 家族, 認知症, すぐ読めるちえ
-, , , , , ,

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.