テニスと少女

「鉄は熱いうちに打て」意味と使い方 なぜ熱いうちなの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 た行の言葉

「鉄は熱いうちに打て」意味と使い方 なぜ熱いうちなの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「鉄は熱いうちに打て」って聞いたことがありますね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

鉄は熱いうちに打て

鉄は熱いうちに打て:読み方

てつはあついうちにうて

 

鉄は熱いうちに打て:意味

1.人は若い柔軟性のあるうちに鍛えることが大事だということ

2.物事は時期を逃がさないように実行することで成功に導けるということ

 

鉄は熱いうちに打て:語源

英語のことわざで「鉄は熱して柔らかいうちにはいろいろな形に出来る」というところから「鉄は熱いうちに打て」のたとえになったということです。

*人も純粋て柔軟性のある若い時に心身を鍛えることが大事であるし、物事も熱意があるうちに実行するのが大事であるということです。

 

鉄は熱いうちに打て:類義語

老い木は曲がらぬ

好機逸すべからず

 

鉄は熱いうちに打て:使い方

1.「鉄は熱いうちに打て」というから小さいうちから習い事をさせたほうが良いと思うよ。

2.テニスでチャンピオンになった人はみんな3歳ごろから練習していたそうだから「鉄は熱いうちに打て」というのは本当ですね。

 

鉄は熱いうちに打て:まとめ

「鉄は熱いうちに打て」ということは若い純粋で柔軟な時期に鍛えなさいということですが、その時期を見極めるのが大事になってきますね。

時期を間違えると成功しないし鍛えることができなかったという結果になってしまうかもしれません。

「鉄は熱いうちに打て」の使い方は難しくありませんのでチャンスには使ってみてください。

 

「鉄は熱いうちに打て」は大事なことですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, た行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.