美しいランタナ

ランタナの育て方 春から秋に長期間色の変化を楽しめる花

家庭の園芸 生活 花の育て方

ランタナの育て方 春から秋に長期間色の変化を楽しめる花

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

とっても身近にある「ランタナ」ですが、長期間咲いて、色の変化も楽しめるお花です。

どう育てたら、よく育ってくれるのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

ランタナ

二色の花のランタナ

ピンクと黄色の二色の花のランタナ

ランタナ:概要

クマツヅラ科 シチヘンゲ属(ランタナ属) 常緑 低木 熱帯植物

その他の名前:シチヘンゲ(ランタナ・カマラ)

原産地:熱帯アメリカ ブラジル ウルグアイ

耐寒性:やや弱い 耐暑性:強い

開花期:5月~10月

花色:白 赤 ピンク オレンジ 黄 褐色

特徴:常緑 開花期が長い 初心者でも育てやすい

*世界の熱帯地方に自生している、低木のランタナ・カマラと花や葉が小さいコバノランタナが原種でいろいろな園芸種が作られました。

低木に育つもの、鉢植えになる小さいブッシュ系のもの、ほふく性のもの、葉が斑入りで花がなくても楽しめるものなど、流通しています。

寒さにも比較的強いので関東地方南部でも戸外で冬越えします。

 

ランタナ:育て方

白色のランタナ

清楚な白色のランタナ

ランタナ:季節・日常の手入れ

花がら摘み

ランタナ・カマラは種がつきやすいので、花後はなるべく花がらを摘んでください。

剪定

枝が茂り過ぎたとき、生育期間中はいつでも剪定できます。庭植えの場合は、冬に落葉するので、見苦しい場合は株元から短く切り戻しをします。

 

ランタナ:日当たりと環境

日当たりの良い水はけのよい環境がベストですが、半日陰でも育てることができます(よく日光に当てたほうが花つきが良くコンパクトになります)

水はけの良い場所に植えると冬越えの確率が高くなります。

 

ランタナ:水やり

鉢植えの場合は冬は乾燥気味に水やりをして、夏は花が咲いている期間はよく乾燥するので気をつけて水切れしないようにします。

庭植えの場合は根付いていれば、水やりはほとんど無しで良いです。

 

ランタナ:肥料

鉢植えの場合はリン酸が入った化成肥料を株元に置肥します。花が咲いている期間は液体肥料も併用します。

庭植えの場合は春と秋にリン酸が入った化成肥料を施します。

 

ランタナ:用土

水はけの良い土です。

赤玉土小玉7+腐葉土3の配合した土を使います(草花用培養土でも良いです)

 

ランタナ:植え付け・植え替え

鉢植えの場合は1~2年に1回は植え替えをしてください(生育が旺盛な植物ですので、根詰まりを起こします)

根詰まりすると生育が悪くなって、花付きが悪くなります。

 

ランタナ:増やし方

挿し木で増やせます

5月~9月に枝を2節ほどに切って、パーミュライトに挿しておきます。2週間ほどで根が出ますので、鉢や庭に植え付けてください。

 

ランタナ:病害虫

病害虫の心配はありません。

 

ランタナ:まとめ

薄紫のランタナ

美しい薄紫色のランタナ

ランタナは春から秋に長期間咲いてくれる、とっても育てやすい花です。

庭植えの場合はほとんど世話の必要はありませんが、鉢植えの場合はよく育つので根詰まりなどの心配があります。

1~2年のうちに一回り大きい鉢に植え替えてあげることが必要です。挿し木で増やすこともできますので、是非育ててみてください。

 

ランタナはよく咲いてくれるお花ですよ!
まきばっぱ

 

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-家庭の園芸, 生活, 花の育て方
-, , , , , , , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.