日本にお面

「後の祭り」意味と使い方 なぜ祭りなの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 あ行の言葉

「後の祭り」意味と使い方 なぜ祭りなの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「後の祭り」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

後の祭り

後の祭り:読み方

あとのまつり

 

後の祭り:意味

1.時期に間に合わないこと。

2.手遅れのこと。

 

後の祭り:語源

語源には諸説あるということです。

.京都八坂神社の祇園祭(7月1日から約1ヶ月行われる)の17日に行われる山鉾巡行(山鉾と呼ばれる豪華な山車がたくさん出される)を「前の祭り」そのあとの還車の行事を「後の祭り」と言います。

*「後の祭り」は山鉾も出ないので、見物に行っても意味がない、手遅れだということです。

 

後の祭り:類義語

後薬(あとぐすり)

証文の出し遅れ

六日の菖蒲、十日の菊(むいかのあやめ、とおかのきく)

 

後の祭り:使い方

1.今更やり直そうと言われても「後の祭り」です。僕はとっくに新しいパートナーを見つけて前に向かっているんだよ!

2.締切は過ぎてしまったので、今更頑張っても「後の祭り」だ。

 

後の祭り:まとめ

招き猫

日本の福を呼ぶ招き猫

「後の祭り」は祇園祭に関係があるということです。山鉾巡行のことを「前の祭り」その後のことを「後の祭り」と言います。

「後の祭り」は山鉾も出ないので、見学に行っても仕方がないということから、時期に間に合わない手遅れの状態を言います。

「後の祭り」使い方は難しくありませんので、チャンスがあれば使ってみてください。

 

何事も「後の祭り」にならないように、してくださいね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, あ行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.