公園の親子

「親思う心に勝る親心」意味と使い方 なぜ勝る親心なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 あ行の言葉

「親思う心に勝る親心」意味と使い方 なぜ勝る親心なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「親思う心に勝る親心」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

親思う心に勝る親心

親思う心に勝る親心:読み方

おやおもうこころにまさるおやごころ

 

親思う心に勝る親心:意味

子供が親を思う心より親が子供を思う気持ちの方がはるかに深いということ

 

親思う心に勝る親心:語源

吉田松陰の歌「親思う心に勝る親心、今日のおとずれなんと聞くらん」と詠まれたことからの引用で「親思う心に勝る親心」のたとえになったということです。

子が親を思う心以上に親の子を思う心は深いということです。

 

親思う心に勝る親心:使い方

1.僕も親になって「親思う心に勝る親心」という意味がやっとわかってきたよ!

2.「親思う心に勝る親心」というのは親が年をとっても変わらないものですね。

 

親思う心に勝る親心:まとめ

親子スイミング

お父さんと赤ちゃんがプールで遊んでいます。嬉しそうですね!

「親思う心に勝る親心」というのは自分が子供を持ってみて気がつくというかわかるものです。親の愛情が深くて当たり前のように思っていても、いざ自分が親になり我が子と向き合って初めて子供がどんなに愛おしい存在かということに気付くのです。

「親思う心に勝る親心」の使い方は簡単ですのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

親はいつまでたっても子供ことが心配ですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, あ行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.