河童の川

「屁の河童」意味と使い方 なぜ河童なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 動物 は行の言葉

「屁の河童」意味と使い方 なぜ河童なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

こんなの「屁の河童」だい!なんて聞いたことがありますね。

どんなことをいうのでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

屁の河童

屁の河童:読み方

へのかっぱ

 

屁の河童:意味

なんとも思わないこと。

何でもないこと。

 

屁の河童:語源

 

1.河童の屁は水中でするために勢いがないことからという説

2.木っ端の火(こっぱのひ)(長く燃えないですぐに消えてしまう)ことからという説

1.2の説があります。

 

屁の河童:使い方

1.息子はいくら叱っても朝起きるのが苦手で遅刻しても「屁の河童」だ。

2.ピアノが上手なOさんはショパンの曲ぐらいは「屁の河童」で弾く。

3.大食いのPちゃんはご飯5杯は「屁の河童」で食べるだろう。

 

屁の河童:まとめ

河童の屁は水中でするという説は人間が勝手に言っていることですね。そこから「屁の河童」という言葉が生まれたいいますから人間の想像力は凄いと感心してしまいます。

「木っ端の火」は木の葉を燃やすとすぐに燃え尽きてしまいます。「木っ端の火」がいつの間にか「河童の屁」に移行したというのもそうかな~と思ってしまいます。

「屁の河童」は日常で使う機会があると思いますので使ってみてください。

男の子の孫
僕は宿題するのはいつも「屁の河童」だよ!
それは凄いことだね~
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, は行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.