「話上手の聞き下手」意味と使い方 なぜ聞き下手なの?

キリンさんのお喋り

「話上手の聞き下手」意味と使い方 なぜ聞き下手なの?

こんにちは!まきバッパです。

「話上手の聞き下手」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

広告

話上手の聞き下手

話上手の聞き下手:読み方

はなしじょうずのききべた

 

話上手の聞き下手:意味

話の上手な人はえてして他人の話を聞くのは下手なものであるということ。

 

話上手の聞き下手:対義語

話し上手は聞き上手

聞き上手の話下手

 

話上手の聞き下手:使い方

1.「話上手の聞き下手」の友人とは聞き上手の私とはとっても仲良しである。

2.「話上手の聞き下手」の人の話は面白いがやはりこちらの話を少しは聞いて欲しいと思う。

 

話上手の聞き下手:まとめ

古い友人

古くからの友人と楽しいお喋りです

「話し上手の聞き下手」な人との会話は聞いている方としては最後には呆れて疲れてしまいます。そんな人は「話し上手の聞き上手」を目指していただきたいと思うのです。

「話上手の聞き下手」の使い方は易しいですのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

やはり人の話もちゃんと聞かないといけませんね!
まきばっぱ

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, は行の言葉
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.