石のブリッジ

「危ない橋を渡る」意味と使い方 なぜ危ない橋なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 あ行の言葉

「危ない橋を渡る」意味と使い方 なぜ危ない橋なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「危ない橋を渡る」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

危ない橋を渡る

危ない橋を渡る:読み方

あぶないはしをわたる

 

危ない橋を渡る:意味

目的を成し遂げるためにあえて危険な手段を使うことのたとえ。

 

危ない橋を渡る:語源

そこに到達するために今にも落ちそうな危険な橋を渡ることから「危ない橋を渡る」のたとえができたということです。

*特に法にふれるギリギリの手段を使うときに「危ない橋を渡る」のたとえを使います。

 

危ない橋を渡る:使い方

1.会社を助けるためには「危ない橋を渡る」ことが必要だと思いますよ!

2.「危ない橋を渡る」よりもっと別の方法があると思う。

 

危ない橋を渡る:まとめ

シラブ橋

ユタ州の自然ブリッジのシラブ橋です。国定史跡になっています。

なるべくなら「危ない橋を渡る」ことは、避けなければなりません。どうしても、手段として「危ない橋を渡ら」なければならないのなら、仕方ありませんね!

「危ない橋を渡る」の使い方は、簡単ですので、チャンスがあれば使ってみてください。

 

「危ない橋を渡る」ことは、なるべくしないほうが、良いですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, あ行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.