可愛い子馬

「馬耳東風」意味と使い方 なぜ東風なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 は行の言葉

「馬耳東風」意味と使い方 なぜ東風なの?

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

「馬耳東風」って聞いたことがありますよね!

どういったことを、言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

馬耳東風

馬耳東風:読み方

ばじとうふう

 

馬耳東風:意味

人の意見や批判などを、心に止めず、聞き流すことのたとえ。

 

馬耳東風:語源

「馬耳東風」の「東風」は、東から吹く暖かい風のことで「春風」の意味です。そして「馬耳」は「馬の耳」のことです。

人は、春風が吹くと、暖かい春が来ると喜びますが、馬は、耳を撫でる春風を、なんとも感じないということです。そのことから、他人の意見など聞き入れず、心に止めないことを「馬耳東風」とたとえました。

*李白の詩「王十二の寒夜独酌懐い有るに答う(おうじゅうにの、かんやどくしゃく、おもいあるに、こたう)」の中に「馬耳東風」が出てきますので、そこからの引用となります。

 

馬耳東風:類義語

犬に論語

牛に経文

蛙の面に水

柳に風

 

馬耳東風:使い方

1.いたずらばかりしている弟は、母から叱られても「馬耳東風」だ。

2.Kさんは、いくら親身になって意見をしても、いつも同じことの繰り返しで「馬耳東風」なので、がっかりです。

 

馬耳東風:まとめ

女の子と馬

仲良しの女の子と馬ですね!

「馬耳東風」とは、人の意見など気に止めないで、聞き流すことのたとえです。人の意見を無視して聞き流すことができる人は、あまりいないと思うのですが、それは絶対にしてはいけないことですね。

「馬耳東風」の使い方は、難しくありませんので、チャンスがあれば、使ってみてください。

注:「馬耳東風」を自分とは、無関係という意味に使うのは間違いです。気をつけてください。

 

親身になっているのに「馬耳東風」だと、がっかりですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, は行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.