「馬に乗るとも口車に乗るな」意味と使い方

愛馬と散歩中

「馬に乗るとも口車に乗るな」意味と使い方

こんにちは!まきバッパです。

「馬に乗るとも口車に乗るな」って聞いたことがありますか?

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

広告

馬に乗るとも口車に乗るな

馬に乗るとも口車に乗るな:読み方

うまにのるともくちぐるまにのるな

 

馬に乗るとも口車に乗るな:意味

1.うまい話や巧みな言葉にうっかり乗ると、ひどい目にあうから気を付けるべきだということ。
2.都合のよいう話は、用心すべきだということ。

 

馬に乗るとも口車に乗るな:語源

「口車」というのは、相手を騙すための巧みな言い回しのことです。馬に乗っても何も被害は発生しないけれど、口車の乗ってしまうと、だまされてひどい目にあうということから「馬に乗るとも口車に乗るな」のたとえになったということです。

 

馬に乗るとも口車に乗るな:類義語

石車に乗っても口車に乗るな(いしぐるまにのってもくちぐるまにのるな)

煽てと畚には乗りやすい(おだてともっこにはのりやすい)

煽てと畚には乗るな(おだてともっこにはのるな)

煽てと畚には馬鹿が乗る(おだてともっこにはばかがのる)

 

馬に乗るとも口車に乗るな:使い方

1.「馬に乗るとも口車に乗るな」と母に言われて用心をしていたのに、すっかり騙されてしまった。

2.簡単に儲けられる話は「馬に乗るとも口車に乗るな」ということなので、気をつけようと思う。

 

馬に乗るとも口車に乗るな:まとめ

乗馬大会

愛馬と一緒に乗馬大会ですか?

「馬に乗るとも口車に乗るな」ということは、うまい話には気をつけようということです。そう簡単に良い話はないので口車に乗ってはいけません。

「馬に乗るとも口車に乗るな」の使い方は、少し難しいですがチャンスがあれば、使ってみてください。

 

簡単に良い話はありません!気をつけてくださいね!
まきばっぱ

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, あ行の言葉
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.