卵サラダ

低栄養 75歳以上の人は注意して!いろんな食品を食べましょう!

健康 生活

低栄養 75歳以上の人は注意して!いろんな食品を食べましょう!

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

読者のCさんから「低栄養」の質問が来ていますので、答えていきたいと思います。

質問

Cさん
一人暮らしの82歳の祖母が、最近痩せてきました。高齢者があまり食べないと低栄養になると聞いているので心配です。この状態が続けば低栄養になってしまいますか?教えてください。

答え

高齢者は食べられなくなると栄養不足になりますので、低栄養を引き起こすことが多いと言われています。しっかり三度の食事をして、散歩などの運動をしてください。
まきばっぱ

低栄養

「低栄養」はエネルギーとタンパク質が欠乏して、健康なからだを維持していけなくなった状態のことです。

高齢になると、うまくものを食べられなくなり、消化機能が低下してきます。そのことで栄養や水分を充分にとれなくなってしまいます。

高齢者の低栄養が起こす7つの危険なこと

1  認知機能の低下
2  気力の低下
3  免疫力や体力の低下
4  病気にかかりやすい
5  筋肉量や筋力の低下
6  骨量減少
7  骨折の危険が増す

*高齢になると若い頃より体の筋肉や水分が減ってくるために、上記7項目のようなことが起こる可能性が出てきます。肥満が良くないという認識はされていますが、痩せた人のほうが死亡率が高いことが報告されています。

低栄養のチェック

低栄養になっていないかのチェックはBMI(体格指数)の数値で知ることができます。

BMI(体格指数)の計算の方法

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で求めます。

*高齢で20以下の数値の方は低栄養のリスクがあります。

体力をキープする基本はエネルギーとタンパク質です。

エネルギー:糖質、脂質
血や肉になる:タンパク質
体の調子を整える:ビタミン、ミネラル、食物繊維

一日に摂りたい食物(1日1600Kcalの場合)

1 骨を強くして体の力を高める
卵、乳製品:卵1こ、牛乳1~2杯、ヨーグルト1こ(タンパク質、カルシウム、鉄など)

2 血や肉の元となる
肉、魚、大豆製品:薄切り肉2~3枚、切り身魚1切れ、納豆1パック、豆腐6/1丁(タンパク質、ビタミン、鉄、カルシウムなど)

3 体の調子を整える
野菜、芋、果物:緑黄色野菜100g、淡色野菜(海藻、きのこなど)250g,じゃがいも小1こ、りんご2/1こ(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)

4 エネルギーや体温の元となる
穀物、油脂、砂糖:ごはん(1食に1杯)、油やバター大さじ!強くらい、砂糖大さじ1くらい(糖質、食物繊維、脂質など)

70代以上の人の1日必要エネルギー

男性:1850~2200Kcal
女性:1500~1750Kcal

朝ごはん

爽やかな朝はパン食での朝ごはんが良いですね!

低栄養:まとめ

毎日の食事が大事で、なるべくたくさんの食品を食べるようにしなければいけません。一旦低栄養になってしまうと、なかなか取り戻すのが難しくなりますので、日頃から気をつけて食べるようにしましょう。

まきバッパもいとこ夫婦が食事がとれなくなって短期間で亡くなっています。今から考えると低栄養だったのでは?と思われることがたくさん思い当たります。

まきバッパも後期高齢者にもうすぐ突入しますが、今は美味しく食べられていますので幸せなことだと感じています。

Cさんのおばあさまも、好きなものから徐々に食べる量を増やして、元気になってくださいね!
まきばっぱ
Cさん
祖母の様子をみて、食べる量を増やせればと思います。ありがとうございました。

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-健康, 生活
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.