和風の結婚式

NHK朝ドラわろてんか第11週「われても末に逢わんとぞ」あらすじネタバレ感想

朝ドラ わろてんか

NHK朝ドラわろてんか第11週「われても末に逢わんとぞ」あらすじネタバレ感想

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

とうとうてんちゃんと藤吉は深い溝ができてしまいました。

お互いが精一杯頑張っているのに行き違いというものはちょっとしたことで起こるものですね。

早く仲直りして欲しいものです。

キースや万丈目たちのストライキはどうなるのでしょうか?

早く解決できると良いのですが。

どんどん北村笑店が大きくなって大阪中に笑いが広がるといいですね。

団真とお夕さんのことも気になりますので次のあらすじを書いていこうと思います。

てんちゃんと藤吉はどうなるのでしょうか?心配ですね。
まきばっぱ

この記事ではネタバレを含むあらすじを書いていますので先の展開を知りたくない方は読まないように注意してください

 

わろてんか第10週「笑いの神様」のあらすじネタバレ感想はこちら

大阪の街
NHK朝ドラわろてんか第10週「笑いの神様」あらすじネタバレ感想

こんにちは!まきバッパです。 てんちゃんと藤吉には可愛い長男隼也ちゃんが誕生して楽しく暮らしているのかと思ったらてんちゃ ...

 

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』第11週「われても末に逢わんとぞ」あらすじネタバレ感想

お夕さん(中村ゆり)はてん(葵わかな)に団真(北村有起哉)と別れる決心ができましたと書置きをして出て行ってしまいました。

てんはびっくりして長屋を訪ねますがそこには団真が一人でおりました。

そしててんに「別れるきっかけを作ってくれておおきに」

てんが団真を高座に上がらせてためにお夕さんが出て行ったと言うのです。

てんはそのことを気にしてひどく落ち込んでいました。

それを見た藤吉(松坂桃李)は子育てに専念することを進めます。

てんは藤吉と仕事の苦労も分かち合いたいと思っているのに子育てだけをしなさいという藤吉に腹を立てて。

どんどん藤吉への不満は積もるばかりです。

そこへリリコ(広瀬アレス)が訪ねて来たので、てんは藤吉への不満をリリコに打ち明けます。

藤吉は団吾(波岡一喜)のことばかりに夢中になっていると言うてんに。

リリコは花形のスターがいるからこそ寄席は盛り上がるのであって、それは芸人のためになると。

だから藤吉が団吾にかまけているのは正しいことなんだとてんを諭します。

そのことでてんは自分の考えが間違っていたと気がついて。

寺ギン(兵藤大樹)に居る風太(濱田岳)の所へ行って団吾に合わせて欲しいと頼みます。

風太は団吾のところへてんを連れて行きますが、そこは料亭で団吾は芸者を揚げて遊んでいるところでした。

てんは団吾に風鳥亭に出てくれるように頼みますが、契約金を用意していないのなら話にならないと相手にして貰えません。

諦めきれないてんは風太と一緒に団吾の後を追って行くとばったり団真のところを出て行ったお夕に会ったのです。

団吾は行くところのないお夕を別宅に住まわしていたのでした。

お夕はきっぱりと団真にところへは戻らないと言います。

帰ってからてんは団真にお夕のことを伝えますがお夕を連れ戻しに行きませんでした。

藤吉は仕事を辞めるよう言って、てんを怒らせてからは事務所に寝泊まりして家には帰っていません。

その事をトキ(徳永えり)と風太は心配して、てんと藤吉が話し合いをする場を設けました。

てんと藤吉はその話し合いでお互いが相手の気持ちがわからなくなっていたことに気づいて仲直りできたのです。

そしててんはまた風鳥亭に復帰して働き。

てんがいない間、混乱していた風鳥亭もてんが戻ってきてやっと落ち着きを取り戻します。

てんと藤吉は仲直りができたのに団真とお夕の仲はこじれたまま。

長屋に行ってみると団真は落語の「崇徳院」の稽古に励んでいたのです。

その団真の様子は寂しそうで無理に明るく振舞っているようでした。

気になったてんは団吾の別宅にお夕に会いに出かけます。

しかしお夕は留守で団吾だけが部屋に居たので。

てんはお夕を団真のところへ返して欲しいと頼みます。

団吾は怒って「お夕は返すわけにはいかん!」

その様子からてんはお夕は団吾の初恋の人だったのではと気づきます。

それから団真が「崇徳院」の中の短歌の下の句を書いた書置きを残して長屋から姿を消してしまいます。

その句の意味から川に身を投げようとしているのではないだろうかという話になりてんはお夕に知らせに走ります。

それを聞いたお夕は団吾の引き止めるのも聞かないで家を飛び出して行き。

結局、団真は川を眺めているところを見つかり無事だったのですが。

お夕はそのことで団真を自分への当てつけだと怒ります。

「そんなことより何で落語に精進しないの」

「お前にはわからん。自分が取るに足らない噺家だったことに気づいた男の気持ちが!」

そうお互いを言い合って団真とお夕は長屋と団吾の別宅と別々に帰って行きました。

それでも団真とお夕のことが気になるてんはもう一度風鳥亭で団真が口演できるように藤吉に頼みます。

団真が口座の上がる当日。

団真が高座に上がってお辞儀をしてところで、賑やかに芸者たちを連れた団吾が客席に現れます。

お夕も駆けつけたところ団吾は三味線に合わせて踊りながら、兄弟子の団真が「崇徳院」を披露すると紹介して客席を盛り上げて袖へ去って行き。

団真の「崇徳院」でお客さんは大いに笑い、その様子楽屋で聞いていた団吾は良かったと言って帰って行きました。

お夕は団真の晴れ姿に涙を見せまた二人は元通りの仲の良い夫婦に戻ることができました。

その晩、てんと藤吉の事務所に団吾が現れて「北村笑店の専属になる」と言って「あんた達となら面白いことができそうだ」

借金の肩代わりをする条件ながら北村笑店は「大看板」を手に入れることが出来たのでした。

 

 

まとめ

お夕さんが出て行ってしまい、今は団吾のところに住んでいます。

てんちゃんの方も行き違いから風鳥亭をやめて育児に専念することになって。

しかしトキと風太の尽力によっててんちゃん夫婦は仲直りできて、今度は団真夫婦を元の鞘にと奔走します。

てんちゃんは団真をもう一度風鳥亭の高座に上がらせて上手く運び、仲直りもできて。

団吾も北村笑店の専属になるということで北村笑店の更なる発展が期待できる展開となりました。

良かったですね。

次の12週のあらすじもどうなるか楽しみです。

書いていきますので良かったら読んでくださいね。

 

わろてんか第12週「お笑い大阪春の陣」のあらすじネタバレ感想はこちら

秋の着物
NHK朝ドラわろてんか第12週「お笑い大阪春の陣」あらすじネタバレ感想

こんにちは!まきバッパです。 てんちゃんと藤吉夫妻も誤解がわかりまた仲良くなれてよかったですね。 団真さんもやっと高座に ...

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-朝ドラ, わろてんか
-, , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.