白鳥の親子

「三つ子の魂百まで」意味と使い方 なぜ三つ子なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 ま行の言葉

「三つ子の魂百まで」意味と使い方 なぜ三つ子なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「三つ子の魂百まで」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで:読み方

みつごのたましいひゃくまで

 

三つ子の魂百まで:意味

幼い頃の性格は年をとっても変わらないということのたとえ

 

三つ子の魂百まで:語源

幼い子供の時に身につけた心、根性、知恵は年をとっても変わらないということから「三つ子の魂百まで」というたとえができたということです。

三つ子:幼い子供のこと
魂:心、根性、知恵のこと
百:高齢者のこと

 

三つ子の魂百まで:類義語

病は治るが癖は治らぬ

噛む馬はしまいまで噛む

雀百まで踊り忘れず

 

三つ子の魂百まで:使い方

1.末っ子のBちゃんは「三つ子の魂百まで」と言うけど今でも泣き虫Bちゃんだ。

2.「三つ子の魂百まで」と言うけれど本を読むことが好きだった母は最後まで本をはなさなかった。

3.友達のHちゃんは負けん気が強くてよく喧嘩したけど「三つ子の魂百まで」というから今でも負けん気を出して頑張っているのかな~

 

三つ子の魂百まで:まとめ

赤ちゃんの読書

お母さんが本を読んであげることは大事ですね

「三つ子の魂百まで」ということから教育上3歳までのことがよく言われています。小さい頃の教育が大事だということですね。

性格は大人になっても変わらないのでしょうか?嫌な性格は治そうと努力しますが本質は変わらないということなのでしょうか?

最近の研究でいろんな意見が出ているようです。

「三つ子の魂百まで」の使い方は難しくありませんのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

小さい頃の教育が大事ってことですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, ま行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.