貯金

「いつまでもあると思うな親と金」意味と使い方 なぜ親と金なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉

「いつまでもあると思うな親と金」意味と使い方 なぜ親と金なの?

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

「いつまでもあると思うな親と金」って聞いたことがありますね!

どんなことを言っているのでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

いつまでもあると思うな親と金

いつまでもあると思うな親と金:読み方

いつまでもあるとおもうなおやとかね

 

いつまでもあると思うな親と金:意味

独立心を養い倹約をしなさいという戒めのたとえ

 

いつまでもあると思うな親と金:語源

親はいつかは死ぬものだからいつまでも面倒を見てもらえないしお金は使ってしまえば無くなってしまうということから「いつまでもあると思うな親と金」のたとえになったということです。

 

いつまでもあると思うな親と金:類義語

いつまでも無いと思うな運と災難

 

いつまでもあると思うな親と金:使い方

1.「いつまでもあると思うな親と金」の精神で自立しようと思っている。

2.隣のM子ちゃんが自分で学費を出して大学へ行くのは「いつまでもあると思うな親と金」を考えてのことだね。

3.「いつまでもあると思うな親と金」だからA君はもっと努力をしたほうが良いよ。

 

いつまでもあると思うな親と金:まとめ

人間いつまでも親の庇護を受けるわけにはいかず、お金も無駄遣いしているとすぐに無くなってしまいますね。

「いつまでもあると思うな親と金」は独立をしなさい!倹約をしなさい!と言っているのです。

使い方は簡単ですのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

自立と倹約は大事なことですよ!
まきばっぱ

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.