飼い主と握手

「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」意味と使い方 なぜ犬なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 動物 あ行の言葉

「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」意味と使い方 なぜ犬なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」って、聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ:読み方

いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ

 

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ:意味

犬でさえ3日も飼えば、飼い主になついて恩を忘れない。まして人間が、恩を忘れないのは当然である。恩知らずをいさめる言葉。

 

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ:類義語

犬も三日飼えばその主を忘れぬ

 

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ:使い方

1.「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」と同じように、父母から受けた恩を、忘れないようにしたい。

2.「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」というけれど、息子は父から受けた恩を忘れてしまったようだ。

 

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ:まとめ

飼い主と仲良し

飼い主と一緒にタブレットですか?仲良しですね!

「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」と言いますが、犬は本当に可愛がって飼うと、その信頼に答えてくれます。

「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」というのは、人間が恩を受けたことを忘れてしまうと、犬にも劣ってしまうので、恩知らずにならないようにするということです。

「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」の使い方は簡単ですので、チャンスがあれば使ってみてください。

 

犬は本当に賢いですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, あ行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.