宝塚 花組古代ロマン邪馬台国の風と レビューSante!!の感想 明日海りおと仙名 彩世のデュエットダンスは素敵だった

明日海さんのウィンドウ

宝塚 花組古代ロマン邪馬台国の風と レビューSante!!の感想 明日海りおと仙名 彩世のデュエットダンスは素敵だった

こんにちは!まきバッパです

宝塚劇場まで花組公演を観に行ってきました

2017年6月9日(金曜日)13:00公演

花組公演時間表

劇場を入ってすぐのところに花組公演の時間割が書いてありました

とっても晴れた日で暑い日差しの中を宝塚劇場まで行きました。着くとまだ会場していなかったのでいっぱいの人たちで溢れていました。

 

広告

古代ロマン「邪馬台国の風」

2017年6月9日(金曜日)13:00公演

作・演出/中村 暁

キャスト

タケヒコ【邪馬台国の戦士】: 明日海 りお

ヒミコ(マナ)【邪馬台国の女王】: 仙名 彩世

クコチヒコ【狗奴国の将】: 芹香 斗亜

大巫女:美穂 圭子

ヒミクコ【狗奴王】 星条 海斗

李淵【タケヒコの師匠】高翔 みず希

アケヒ【ヤマタイ王の娘】 花野 じゅりあ

伊都王:夕霧 らい

ヒビカ【巫女】:芽吹 幸奈

カヌハ【アケヒの侍女】: 梅咲 衣舞

奴王:瀬戸 かずや

一支王:冴月 瑠那

サオト【巫女】:白姫 あかり

イズ【巫女】:鞠花 ゆめ

ナシメ【邪馬台国の臣】: 天真 みちる

アシラ【邪馬台国の兵の長】: 鳳月 杏

イトセ【巫女】:菜那 くらら

フルヒ【村の娘】:桜咲 彩花

不弥王:航琉 ひびき

ヒイラギ【巫女】:美花 梨乃

末盧王:舞月 なぎさ

投馬王:和海 しょう

ハナヒ【村の娘】:華雅 りりか

ヤマタイ王:羽立 光来

チヌ【巫女】:新菜 かほ

ウツツ【巫女】:紗愛 せいら

ツブラメ【邪馬台国の兵士】:水美 舞斗

フルドリ【邪馬台国の兵士】:柚香 光

カグラ【巫女】:真鳳 つぐみ

イサラギ【巫女】:乙羽 映見

ユズリハ【邪馬台国の兵士】: 優波 慧

トヨ【村の娘】;朝月 希和

ウズメ【村の娘】:更紗 那知

サザレ【邪馬台国の兵士】:矢吹 世奈

イサカ【邪馬台国の女兵士】: 城妃 美伶

カナ【村の娘】:春妃 うらら

イヤサコ【邪馬台国の兵士】 紅羽 真希

カムイ【邪馬台国の兵士】:綺城 ひか理

イスルギ【狗奴国の兵士】:飛龍 つかさ

タタラ【狗奴国の兵士】:亜蓮 冬馬

スサリ【狗奴国の兵士】:帆純 まひろ

イヨ【ヒミコの侍女】:音 くり寿

少年タケヒコ:華 優希

 

あらすじ

時代は1800年前の古代日本、倭(わ)と呼ばれていた日本列島では王(おおきみ)を指導者とする30あまりの国が創られていた。しかし国と国との争いが起こり、狗奴国(くなこく)は邪馬台国の国を狙っていた

山奥で兵士に追われている少年が山で暮らしている薬草などを作っている老人(高翔 みず希)に助けられます。(老人は大陸から渡ってきた武芸に優れた人です)

少年はタケヒコ(華 優希)といい両親は狗奴国(くなこく)の兵士に殺されてタケヒコを山に逃がしてくれたといいます。

老人は武術の達人でタケヒコは老人李淵から武術の指南を受け上達していきます。

ある時、李淵はタケヒコに煮えたぎる湯の中に手をいれる術を見せます。熱湯の中の手はなんともなくやけどをしていないのです。李淵はタケヒコにこの術を解明しなさい、答えを見つけなさと言います。(このことが後にピンチになった時、タケヒコが救われるのです。ということはちゃんと解明していたということですね)

大きくなったタケヒコが出てきますがその入れ替わりがとても見事でおきゃくさんは大笑いでした。

タケヒコ(明日海 りお)は李淵から生きるすべを習い武術も身につけていきます。

李淵に「自分の宿命は変えられないが自分の生きる道は自分で切り開くことができる」言われますが

その李淵も狗奴国の兵たち( 芹香 斗亜)に殺されてしまいます。

一方、神の心が聞こえるという少女マナ( 仙名 彩世)は邪馬台の里に迎えの兵士たちと向かっています。その途中に狗奴国の兵士に襲われてしまいますがタケヒコに助けられます。

その時にマナは「私たちは遠い昔に出会っていて、もう一度めぐり合うと約束した」と告げます。

その時に助けた邪馬台国の兵士が兵士になるなら訪ねてくれと言って別れます。

タケヒコは山をおりて邪馬台国を訪ねて兵士になります。邪馬台国の王が亡くなりマナが大巫女になって倭国連合の女王になります

マナはヒミコとなって邪馬台国と倭国連合の政治をするための神の言葉を聞き国を導きます。タケヒコと再開したことが連合国の王たちに分かりその後にマナが神の言葉が聞けなくなってしまい処刑が決まってしまいます。

タケヒコの方は「クガダチ」という古くから伝わる熱い湯に手を入れてやけどをしなければ神の加護があり無罪、やけどをした場合は有罪というのをしなければ身の潔白が証明できないというのを課せられた。

タケヒコは仲間に頼み薬草をとってきて貰います。タケヒコは無事に「クガダチ」に成功して無罪となりますがヒミコの方は祈りが神に届かず死刑が宣告されます

ヒミコのことを快く思っていなかった奴王ヨリヒクとアケヒは失脚を喜び自分たちが王となってこの国を動かそうと企んでいます

そして、アケヒは狗奴国(くなこく)の王ヒミクコをこっそり訪ねてヒミコが霊力がなくなったことを告げ処刑される日に攻め込んで行くのが良い、勝利の暁には国を奴国と狗奴国の2国で分けることにする約束をしていたのです。

しかし、狗奴国(くなこく)の王ヒミクコは自分だけの国にしようとアケヒを捕らえてしまいます。

ヒミコを助けようとタケヒコは忍び込み神の声が聞こえなくなったのなら自分と一緒に暮らそうと励まします。

すると再び神が降りてきて、大勢の狗奴国の兵が攻めて来るのを見たのでそれを邪馬台国の王たちに教えなければならないと言います。

そして、タケヒコは狗奴国兵のことを調べに向かおうとしますが仲間である4人(フルドリ、ツブラメ、イサカ、ユズリハ)の一緒に行くと調べに向かいます。

狗奴国(くなこく)の王ヒミクコは勝利を急ぐあまり作戦を峡谷から兵士を全員集めて一機に攻め込む作戦をとります。クコチヒコは反対しますが聞き入られませんので、兵を集めて峡谷から攻める作戦に出ます、

峡谷の手前でタケヒコたちは狗奴国の兵を見つけ仲間は応戦してタケヒコはクコチヒコと対戦して勝利します。

ヒミコは狗奴国が攻めて来ると王たちに告げますが信用されません。しかし全てが闇になりやがて再び陽が戻る日食を告げそれが現実に起こると人々はヒミコの力を信じて女王として崇めるようになります。

邪馬台国は平和になりました。タケヒコは師匠の国へ旅立ちます。

 

古代ロマン 邪馬台国の風 感想

タケヒコ【邪馬台国の戦士】: 明日海 りお

タケヒコは本当に強くて素朴な少年ですが師匠思いの大人へと成長していきます。武芸や薬草作りなどもしっかり学び覚えていきます。

明日海さんは凛々しいタケヒコという役にぴったりで武器を持っての戦う場面でもかっこよく決めていたと思います。

ヒミコとのシーンもロマンチックで素敵でした。今回が新トップコンビ大劇場でのお披露目だそうです。とっても素敵なコンビになると思います。

お二人ともとっても大人な雰囲気ですよね。

古代の衣装も現代風にしてあってスマートでクールな明日海さんにぴったりだなぁと思いました。

クコチヒコの芹香 斗亜さんとの戦闘シーンも動きが激しくてすごいなと見ていましたがとてもかっこよく決まっていました。

敵国の大将である芹香 斗亜さんとの対比もとっても良かったです。

 

ヒミコ(マナ)【邪馬台国の女王】: 仙名 彩世

落ち着いた印象で神の言葉を伝えるヒミコの役にぴったりだと思いました。

そのはずで10年目でトップ娘役に就任とのことです。今までいろんな役をしてきた経験があるのできっと明日海さんと良いコンビになると思います。

明日海さんとの歌のところは美しく歌われていて歌も本当に上手だなと思いました。今までは特に、アクの強い役をやってこられたの情報ですが正当なヒロインもよくにあって良かったと思いました。

 

クコチヒコ【狗奴国の将】: 芹香 斗亜

敵役だけどカッコよかった。衣装も黒で多分、悪を表しているのだと思いますが明日海さんが白を基調にした衣装なので対比がとても良かったと思います。

芹香さんはとっても勇猛な兵士で、タケヒコに匹敵するぐらいの剣豪で強いのです。

でも、罪のない村人などを襲ってタケヒコの両親なども殺してしまう狗奴国の兵士の将です。こんなに強いクコチヒコに襲われたら普通の人たちはすぐに殺されてしまいますよね。最後にタケヒコと戦って死んでしまいますが狗奴国の王の作戦が間違っていると思いながらも忠実に王の命令に従っていたので仕方ありませんね。

芹香さんの悪役はとっても良かったです。

 

大巫女:美穂 圭子

抜群の歌唱力で圧倒的に素敵に歌われていました。大巫女の役はぴったりですね。いつも美穂さんの歌には聞き惚れてしまいますが今回も圧倒的な歌声で良かったと思います。

ビジュアルも大巫女にぴったりでした。美穂さんの歌はすごく良かったです。

 

李淵【タケヒコの師匠】高翔 みず希

飄々とした老人で武術の達人のタケヒコを助け育て武術や薬草作りを教えてくれるお師匠さんです。高翔さんはその老人の役をとっても自然に身軽に演じていました。

敵を倒してタケヒコを救うところとかタケヒコが成長して武術を身につけてスキを見て打ち込むところを、ひょいと軽々返すところなど面白くて笑ってしまいました。

もうタケヒコに教えることがないと思ったところで自分の剣を渡して山を下りることを提案しますが一緒に暮らしたいと思っているタケヒコは承知しません。

タケヒコが水を汲みに入っている間に狗奴国のクコチヒコに殺されてしまします。相当に強いはずの師匠ですがあっさりと殺されます。ということはよっぽどクコチヒコは強いってことですね。

高翔さんはこの老人の役をとっても軽々と演じられていてこの役にぴったりだと思いました。良かったです。

 

アケヒ【ヤマタイ王の娘】 花野 じゅりあ 奴王:瀬戸 かずや

アケヒはマナが大巫女になって邪馬台国の女王になったのが気に入らなくていろいろ作戦を練ってタケヒコとマナを陥れることに成功します。

奴王は自分が王になりたくてアケヒと手を組みます。しかしそのことでアケヒは狗奴国の王に騙されて捕まってしまい奴王も王になりたいという希望もなしえず挫折してしまい悪巧みは成功しません。

どうしても自分が邪馬台国連合国の王になりたい奴王と大巫女になりたいアケヒの二人の悪巧みのシーンは花野さんも瀬戸さんも悪い人になりきっていたので感心しました。

こういう役はけっこう癖のある役なので花野さんも瀬戸さんもなかなか上手く演じていたと思います。

 

フルドリ【邪馬台国の兵士】:柚香 光 ツブラメ【邪馬台国の兵士】:水美 舞斗

イサカ【邪馬台国の女兵士】: 城妃 美伶 ユズリハ【邪馬台国の兵士】: 優波 慧

とにかく元気が良くて陽気な兵士で結束力は抜群で仲間思いです。

タケヒコが陥れられた時も結束して助けようとします。クガダチの刑が決まった時もたしけに行き薬草を探してきたりして助けます。

イサカは女兵士ですが男の兵士たちに負けない活発な女の人です。

城妃さんは活発で男勝りな女兵士を元気よく演じて最初にタケヒコが仲間になったときはちょっとプンとして無視をする態度で面白かったと思います。興味はあるのにわざと無視をする女心がわかりました。

でも、フルドリはイサカを好きで密かに思っているのです。そこのところはあまりわからなかったのですがこの4人の兵士はタケヒコをよく助けて活発で積極的な兵士を頑張っていたと思います。

 

ヒミクコ【狗奴王】 星条 海斗

狗奴王クミヒコは野心家で邪馬台国の国を狙って攻撃しています。最後には策に溺れて失敗してしまいますが悪巧みは狡猾で約束を守りません。

邪馬台国のアケヒを騙して情報を得て征服する好機を狙っていますが神の声を聞けるヒミコには負けてしまいます。一箇所に兵士を集めて一機に攻める作戦が裏目に出て敗戦してしまいます。

おかげで平和を取り戻すことができたのです。

狗奴王で圧倒的な大きさの悪い王でベテランの星条さんは貫禄の演技でした。

 

少年タケヒコ:華 優希

少年タケヒコをしている華さんは新人公演でマナをされるということです。

最初出てきたときは兵士に追われて山に逃げてきている少年で山に住む老人李淵に助けられます。

成長したタケヒコと入れ替わる少しの場面の出番でしたが可愛らしく少年タケヒコを演じていて良かったと思います。

青年タケヒコと入れ替わる場面は突然ピョンと森に飛び込みすぐにまたピョンと明日海さんが出てきたのでお客さんは大笑いしていました。面白かったです。

華さんは京都出身で2014年初舞台だそうです。まだまだこれからの方ですが楽しみですね。

 

レビュー・ファンタスティーク 『Santé!!』 ~最高級のワインをあなたに~

『Santé!!』とは、フランス語で「乾杯!!」の意味を表します。世界各国で愛されるワインですが、ワインを楽しむように、個性豊かで美しく華やかな宝塚の舞台に酔いしれて欲しいという思いでこのショウを作ったと作者の藤井 大介さんが言ってられます。

 

『Santé!!』の感想

華やかで美しい夢のようなレビューでした。作者の藤井 大介さんの言う通り宝塚らしい華やかで楽しいものでした。

可愛い天使が3人ほど出てきて狂言回し?ですかとっても可愛らしかったと思います。

男役さんは素敵にダンディにきめていてダンスもそれぞれ個性があってカッコよく決めていました。

もちろん、明日海さんは言うまでもなく芹香さん、瀬戸さん、柚香さん、星条さんなど他の方たちもダンディでダンスもカッコよかったです。

どの男役の方もそれぞれ個性があって良かったと思いますが第22場の赤いバラの場面での紳士たちの黒燕尾の素敵なダンスにため息が出ました。

とっても綺麗で明日海さんの端正なビジュアルにピッタリな素敵なダンスでした。各組に個性が見えて本当に良かったです。

第23場でのデュエットダンスはロマンチックな雰囲気でお披露目コンビのハレのダンスにうっとりとさせてもらいました。

芹香さんの歌もとっても良かったたと思います。

そしてお気に入りはロケットダンスの場面です。

第12場でシャルマンが柚香さんです。柚華さんのダンスは素晴らしくてちょっと柚希礼音さんを思い出してしまいました。(ロケットの時によく出てきていたので)

演出が良くて可愛らしくて元気が良くて素晴らしいロケットを見せてもらいました。

『Santé!!』はカッコ良くて楽しいレビューでとっても満足をしました。花組の皆さんが全員とっても頑張っていて気持ちよく観劇ができました。

 

そのほかの関連記事はこちらから

4,669view
紅ゆずる1
宝塚星組 スカーレット・ピンパーネル感想 紅ゆずるは強くて素敵だった

こんにちは!まきバッパです。 スカーレットピンパーネルに行ってきました。このお話は大好きなんです。痛快で悪者が最後に負けてしまうので気に入っています。 前に安蘭さんのピンパーネルをみてその時に痛快なお ...

4,229view
湖のお城
宝塚宙組エリザベート感想 朝夏まなとトートに魅了された

かねてから楽しみにしていた宝塚宙組の「エリザベート」に行ってきました。チケットを取るのが難しかったのですが今回はゲット出来楽しみにしていました。 演出・潤色は東宝のエリザベートと同じ小池修一郎さんです ...

2,350view
梅芸前の通り
梅芸エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート初日感想 一路真輝は完璧なトートだった!

こんにちは!まきバッパです。 梅田芸術劇場 エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート初日に行ってきました。 まきバッパ チケットは息子のプレゼント! 随分前から待っていたガ ...

 

-ミュージカル, 宝塚歌劇
-, , , , , , , , , , , ,

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.