縁結びの神社

NHK朝ドラわろてんか第8週「笑売の道」あらすじネタバレ感想

朝ドラ わろてんか

NHK朝ドラわろてんか第8週「笑売の道」あらすじネタバレ感想

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

いよいよてんちゃんと藤吉の「風鳥亭」も寺ギンが太夫元になってくれるということですから寄席に出てもらう出演者で頭を悩ますことはなくなりました。

でも売上の七割を寺ギンに払わなくてはいけません。

今後の展開はどうなっていくのでしょうか?

早速書いていきたいと思います。

寺ギンが七割って!取りすぎじゃないの!
まきばっぱ

この記事ではネタバレを含むあらすじを書いていますので先の展開を知りたくない方は読まないように注意してください

 

わろてんか第7週「風鳥亭、羽ばたく」のあらすじネタバレ感想はこちら

大阪の川
NHK朝ドラわろてんか第7週「風鳥亭、羽ばたく」あらすじネタバレ感想

こんにちは!まきバッパです。 第6週はいかがでしたか? いろいろ苦労はありましたがやっと寄席を買うことができてよかったで ...

 

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』第8週「笑売の道」あらすじネタバレ感想

風鳥亭が開業して3ヶ月になりました。

経営がうまくいっているようですが、何しろ寺ギン(兵藤大樹)に取られるお金が多くて利益が上がりません。

未だにてん(葵わかな)と琢子(鈴木京香)は針仕事をして補っています。

京都からは妹のりん(堀田真由)が祝言を上げたという手紙が来ていました。

琢子は「妹さんに先を越されたら示しがつかんな~」と言われ、自分たちも早く許してもらって祝言を上げたいと思うのです。

下足番の亀井(内場勝則)が客の回転を早くするための知恵を藤吉に教えますがそれが大失敗してお客さんが減ってしまいます。

琢子はそれに気がつき自分も風鳥亭に協力するようになり、夏の暑い日はお客さんにウチワを貸出し、てんはお客さんの履物をキレイにしてあげるなど信頼回復に努力します。

藤吉はというと場内で冷やし飴を売って、それを琢子は表でも売って人を寄席に呼び込んだらどうかと提案します。

てんは表で大きな氷の上で冷やし飴の瓶を転がすなどして人目を引く作戦に出ます。

それを感心した伊能(高橋一生)は自分が買い付けた活動写真とてんの物品販売を合わせて活動写真館に売り込みたいと申し出てきました。

それを協力してくれるなら何でも手伝うと伊能です。

琢子は早速、藤吉と伊能にチンドン屋(東西屋)の格好で寄席の呼び込みをさせ、えらい男前の東西やさんやな~と。

女性が次々と足を止めて宣伝効果は非常に上がったのでした。

伊能はこのことがきっかけで平日の昼も寄席を開けてはどうかと藤吉に提案します。

この頃の寄席は夜に男性客を見込んで営業をしていました。

しかし昼間は女性やお年寄りが来てくれるだろうと、風鳥亭はその頃には珍しい平日昼興行を始めます。

ある日、珍しく風太(濱田岳)が風鳥亭に姿を現しました。

儀兵衛(遠藤憲一)が亡くなって四十九日も済んだということをてんに告げます。

てんが借金を申し込みに京都に行った時はすでに儀兵衛は病気にかかっていました。

病気のことはてんに言ってはいけないと家族のものにきつく口止めしていたということだったのです。

嘆き悲しむてんの姿を見て琢子は「親が死ぬとき子が笑って仕事をしていてくれたら親の本望や」と言って聞かせます。

てんは儀兵衛が自分が笑顔でいることを望んでいたことを思い出し、藤吉の励ましもあって笑顔を取り戻します。

風太はてんの笑顔をみて安心して京都に帰っていきました。

その後てんの提案で木戸銭を値下げしたところ連日の満員となり大忙しとなります。

大忙しとなった時にトキ(徳永えり)が現れます。

トキは藤岡屋から暇をもらって、てんの手伝いに来たのでした。

そしてトキは寄席のお茶子として働くようになりました。

藤吉は寺ギンに売上が倍になったら取り分を半分にするという約束を取り付けます。

しかし売上が達成したところで寺ギンに言いくるまれて六割が寺ギンで四割が藤吉ということになってしまいましたがこれまでよりは良くなったということです。

明治45年春がやってきました。

風鳥停は開業1周年を迎えて記念興行が行われ伊能やしず(鈴木保奈美)、りん(堀田真由)、風太も駆けつけました。

てんと藤吉は藤岡屋に借金の返済を続けていて、開演前にしずに最後の分を返すことができました。

しずは儀兵衛の写真を持って桟敷席に座り一緒に見物をしているようでした。

記念興行は盛り上がり、てんには写真の儀兵衛が笑ったように見えました。

終演後琢子はてんに「あんたはこの寄席の立派なご寮さんや」と言ってくれました。

1週間後に藤吉とてんは祝言を挙げたのです。

賑やかな披露宴が終わると藤吉は琢子に看板を見せました。

そこには「北村笑店」と書かれてあって、これは藤吉たちの会社の名前なのです。

琢子は心残りがなくなったのでアメリカの友人の所へ行くと言います。

そして琢子は「北村笑店にはご寮さんが二人もいてはうまくいかない」

そういうと笑顔でアメリカに旅立つのでした。

 

 

まとめ

てんちゃんも琢子さんも藤吉も北村一家はアイデアがスゴイですね。

そこへ頭のキレる賢い伊能さんも加わってきていますのでこれからどんなことになるのでしょうか?

とうとう祝言を挙げさせてもらい、てんちゃんは北村笑店のご寮さんになりました。やっとなったんですね。

そして、琢子さんはアメリカに旅立ちましたが、あのファイトならどこでも暮らしてもやって行けますね。

また続きの第9週もあらすじを書きますのでよかったら読んでくださいね。

 

わろてんか第9週「女のかんにん袋」のあらすじネタバレ感想はこちら

神社の御札
NHK朝ドラわろてんか第9週「女のかんにん袋」あらすじネタバレ感想

こんにちは!まきバッパです。 とうとう風鳥亭が躍進してきました。創立1周年でやっとてんちゃんと藤吉は祝言を挙げることがで ...

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-朝ドラ, わろてんか
-, , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.