猫の目

「猫の目」意味と使い方 なぜ猫なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 動物

「猫の目」意味と使い方 なぜ猫なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「猫の目」ってどういうことを言っているのでしょうか?

知りたいですよね!

早速、書いていこうと思います。

 

猫の目

猫の目:読み方

ねこのめ

 

猫の目:意味

非常に変化し易いこと

 

猫の目:語源

猫の目は明るさによって大きさが変化する(猫の目の瞳孔は明るさによって大きさが変わる)

そのことから「猫の目」というたとえができたということです。

 

猫の目:使い方

1.クラスの友達のHさんは話がいつも変わるから「猫の目」のようだと言われている。

2.おじいちゃんのご機嫌が「猫の目」のように変わるので近づかない方が良い。

3.梅雨の季節は雨が降ったり止んだり忙しくて「猫の目」のようだ。

4.担任のT先生はクラスの目標を「猫の目」ぐらいによく変えるのでみんな困っている。

 

猫の目:まとめ

猫の目はガラス玉のように美しい目をしています。

そして明るさによって瞳孔が変化しますから「猫の目」のたとえができました。

「猫の目」は実際に話し言葉で使える言葉です。

話の途中でチャンスがあれば逃さず使ってみてください。

 

話が「猫の目」のように変わるのは良いことではありませんね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.