らくだの親子

「目の上の瘤」意味と使い方 なぜ瘤(こぶ)なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 ま行の言葉

「目の上の瘤」意味と使い方 なぜ瘤(こぶ)なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「目の上の瘤」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

 

目の上の瘤

目の上の瘤:読み方

めのうえのこぶ

目の上の瘤:意味

何かと目障りなものや邪魔になるもののたとえ

*主に自分より地位や能力の上の人に対して使う

 

目の上の瘤:語源

目のすぐ上に瘤ができると目障りで邪魔になることから「目の上の瘤」のたとえになったということです。

*「目の上のたんこぶ」とも言います。

 

目の上の瘤:類義語

鼻の先の疣々(はなのさきのいぼいぼ)

 

目の上の瘤:使い方

1.J君は僕にとってはライバルでもあり「目の上の瘤」でもある。

2.「目の上の瘤」の部長は些細なことで注意してくる嫌な上司だ。

 

目の上の瘤:まとめ

岩の芸術

美しい自然の岩の造形です

「目の上の瘤」という人がいると緊張して余計に疲れてしまいますね。目障りになって憂鬱になってきっと身体には悪い影響が出るかもしれません。

「目の上の瘤」も良きライバルとして考えれば少しは気が楽かもしれませんがやっぱり嫌なものは嫌ですので仕方ありません。

「目の上の瘤」の使い方はやさしいですのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

「目の上の瘤」はいない方が良いですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, ま行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.