犬の水泳

「負けるが勝ち」意味と使い方 なぜ勝ちなの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉

「負けるが勝ち」意味と使い方 なぜ勝ちなの?

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

「負けるが勝ち」ってよく聞きますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

負けるが勝ち

負けるが勝ち:読み方

まけるがかち

 

負けるが勝ち:意味

場合によっては勝ちを譲ったほうが有利になってそれが自分の勝ちに繋がるということのたとえ

 

負けるが勝ち:語源

相手に勝ちを譲ったことで一見負けに見えるがそれが勝ちに結びつくことが多いということで「負けるが勝ち」のたとえになったということです。

 

負けるが勝ち:類義語

逃げるが勝ち

三十六計逃げるに如かず(さんじゅうろっけいにげるにしかず)

 

負けるが勝ち:使い方

1.兄弟喧嘩ではいつも兄の僕が「負けるが勝ち」で母にほめられている。

2.新しい事業に投資をしたいが「負けるが勝ち」で他の会社に譲ってもう少し時を待とうと思う。

 

負けるが勝ち:まとめ

鉄棒する姉妹

鉄棒の競争をしている仲良し姉妹です

「負けるが勝ち」ということはしっかり計算をして勝負に出るか負けたほうが良いか考えないといけません。

「負けるが勝ち」は難しい判断ですが勝ちを譲るというのはなかなかできることではありませんね。

使い方は簡単ですのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

相手に勝ちを譲ることは難しいことですね!
まきばっぱ

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.