湖に浮かぶお城

宝塚 2009年月組 エリザベート瀬奈じゅんのトートはビジュアルも歌もステキだった

ミュージカル 宝塚歌劇

宝塚 2009年月組 エリザベート瀬奈じゅんのトートはビジュアルも歌もステキだった

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

宝塚が大好きなまきバッパですが特に宝塚の中でも「エリザベート」が一番好きなんですね。なんで好きかといいますと各組の全力投球が見られるからです。

歌が上手だとか下手だとかは問題ではないんですね。一生懸命頑張っているところが見られるのが嬉しいんですね。

歌などは完璧ではないところがある場合もありますがそんなところも全部が好きなんです。

月組の2009年の「エリザベート」には複数回、観させてもらいました。DVDで何度か観て思い出しながら感想を書いていこうと思います。

まきバッパ
宝塚のエリザベートは良いね

 

2009年 月組 エリザベート

古いお城

ヨーロッパの古いお城

配役

トート 瀬奈じゅん

エリザベート 凪七瑠海

フランツ・ヨーゼフ 霧矢大霧

ルキーニ 龍 真咲

ルドルフ 青樹 泉

ゾフィー 城咲あい

マックス 越乃リュウ

ルドヴィカ(エリザベートの母) 美鳳あや

ヘレネ(エリザベート姉) 萌花ゆりあ

グリュンネ伯爵 研 ルイス

少年ルドルフ 羽桜しずく

リヒテンシュタイン 瞳花ゆりの

エルマー(ハンガリーの革命家) 遼河はるひ

シュテハン(ハンガリーの革命家) 明日海りお

ツェップス(ウィーンの革命家) 一色瑠加

ヴィンディッシュ嬢(病院の女患者)

感想

トートの瀬奈じゅん

瀬奈じゅんさんほどエリザベートの役をたくさんした人はいないと思います。それもこの作品の重要な「ルキーニ(2002年)」「エリザベート(2005年)」「トート」です。

ルキーニの時はルキーニを完璧に演じエリザベートも素敵に歌い本当に何でも出来る人だなぁと感心していました。

今回は「トート」ですよね。きっといろんなトートを観てこられて自分ならと思われていたのかもしれませんが本当にステキなトートでした。

歌はいつもながら完璧で、ビジュアルも編込みを使った髪型など今までとは少し違ったものにしていてとても良く似合っていました。

美しいエリザベートの凪七瑠海さんとの相性もよく美しい二人に魅了されました。良かったです。

 

エリザベートの凪七瑠海

綺麗なエリザベートですね。美しい姿で一生懸命歌っているのを見て素敵だな凄い努力だなと感心しました。とっても頑張っているのがよくわかりました。

エリザベートの歌はたくさんあるのもそうですが難しい音域など大変だっただろうと思って観ていました。良かったと思います。

 

フランツ・ヨーゼフの霧矢大夢

若々しいフランツですね。まきバッパの霧矢さんの印象かも知れないですがとっても可愛らしく感じてしまうのです。

2幕以降は威厳のあるフランツで厳しい顔をルドルフに対して見せていました。いつもこの場面では、もう少しルドルフの話を聞いてあげて欲しいと思うのですが。

いつも旅行に出かけているエリザベートを待っている気の毒な人ですね。最後までエリザベートには気持ちが届かなかったようで本当に孤独な人です。

霧矢さんも歌は凄く上手くて良かったと思います。

 

ルキーニの龍 真咲

元気の良いルキーニです。龍さんはお茶目なところもあり豪快なところもありのルキーニです。カッコもよくてちょいワルのところも良くて上手いなぁと思いました。

龍さんの芸達者ぶりが前面に出ていました。勿論「キッチュ」などもみんな盛り上がって楽しんでいました。ぴったりのはまり役だと思いました。良かったです。

 

ルドルフの青樹 泉

初々しいルドルフでした。トートとの場面もエリザベートの場面もとっても良かったと思います。歌もしっかりと頑張っていたと思います。特に「僕はママの鏡だから」は良かったと思います。

青樹さんは日替わりでシュテファンとエルマーも演じているので三役を演じるのは大変なのではと思います。ルドルフは大変似合っていたと思います。良かったです。

 

ゾフィーの城咲あい

若いゾフィーという印象です。でもゾフィーの意地悪ぶりは凄く出ていて、歌も演技もゾフィーになりきって頑張っているのがよくわかりました。

マックスとの言い合いのの場面ではお互いの娘や息子のことを言い合って意地の張り合いをして面白かったです。ゾフィーは最後にはフランツにも見放されて死んでいきます。

ゾフィーの歌が宝塚のエリザベートでは一つ抜けているのが残念ですが(実はこの歌がまきバッパは大好きなので抜けていて残念なのです)城咲さんのゾフィーは良かったと思います。

 

ルドヴィカの美鳳あや ヘレネの萌花ゆりあ

めちゃくちゃ面白いエリザベートのお母さんとお姉さんです。特にヘレネのひょうきんな演技には笑ってしまいました。ルドヴィカの美鳳さんも楽しいお母さんぶりでした。良いコンビですね。良かったです。

 

この2009年の月組のエリザベートはやはりトートの瀬奈さんとエリザベートの凪七さんが凄く頑張っていたのが印象に残っています。

かっこ良いトートに美しいエリザベートのコンビで瀬奈さんの歌が素敵でした。

フィナーレの二人のダンスは本当にステキでした。男役の人でもすぐに娘役ができるのは凄いことですよね。(きっと凄く努力されたのだと思います。)

また、宝塚で「エリザベート」をして貰いたいです。また観に行きますよ。

 

そのほかの関連記事はこちらから

 

湖のお城
宝塚宙組エリザベート感想 朝夏まなとトートに魅了された

かねてから楽しみにしていた宝塚宙組の「エリザベート」に行ってきました。チケットを取るのが難しかったのですが今回はゲット出 ...

ドイツのお城
宝塚エリザベート 2002年~2003年花組感想 春野寿美礼トートは凄かった!

こんにちは!まきバッパです。 ほとんど毎日といっていいぐらい聞いている花組の「エリザベート」です。 CDをかけながら手仕 ...

梅芸前の通り
梅芸エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート初日感想 一路真輝は完璧なトートだった!

こんにちは!まきバッパです。 梅田芸術劇場 エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート初日に行 ...

 

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-ミュージカル, 宝塚歌劇
-, , , , , , , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.