氷の藍色

「青は藍よりいでて藍より青し」意味と使い方 なぜ青と藍なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 あ行の言葉

「青は藍よりいでて藍より青し」意味と使い方 なぜ青と藍なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「青は藍よりいでて藍より青し」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

青は藍よりいでて藍より青し

青は藍よりいでて藍より青し:読み方

あおはあいよりいでてあいよりあおし

 

青は藍よりいでて藍より青し:意味

弟子が師匠の学識や技量を越えることのたとえ

 

青は藍よりいでて藍より青し:語源

布を青色に染める時に藍草を使うが布が染め上がった時には藍草より鮮やかな青色になっているところから「青は藍よりいでて藍より青し」のたとえができたということです。

*師匠と弟子に当てはめて弟子が師匠の学識や技術を越えたということを言う

*中国の思想家・荀子(じゅんし)が「青は藍よりいでて藍より青し。氷は水これをなして水より寒し(学問は努力により持って生まれた資質を越えるということ)」と言っている。

 

青は藍よりいでて藍より青し:類義語

出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ)

 

青は藍よりいでて藍より青し:使い方

1.一生懸命勉強して先生よりグレードの高い学校に入学できたのは「青は藍よりいでて藍より青し」ということになりますね。

2.「青は藍よりいでて藍より青し」と言うけれど少しの努力では師匠を越えることはできないでしょう。

 

青は藍よりいでて藍より青し:まとめ

ヨットと海

海の青と藍色のグラデーションは美しいですね!

世の中には先生を通り越して「青は藍よりいでて藍より青し」を実践している人はたくさんいます。

少しの努力では「青は藍よりいでて藍より青し」ということはできないですね。

使い方は簡単ですのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

なかなか師匠を越えることは出来ませんね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, あ行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.