飛行船

「損して得取れ」意味と使い方 なぜ損と得なの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 さ行の言葉

「損して得取れ」意味と使い方 なぜ損と得なの?

更新日:

こんにちは!まきバッパです。

「損して得取れ」って聞いたことがありませんか?

どのようなことを言っているのでしょうか?

早速、書いていきたいと思います。

 

損して得取れ

損して得取れ:読み方

そんしてとくとれ

 

損して得取れ:意味

一時は損をしてもその損をすることで将来的に大きな利益を得る方が良いということ。

 

損して得取れ:語源

目先だけの得を考えているとかえって損を被ることがあるがその反対に損をすることで結果的に大きな得をすることがあるということから「損して得取れ」のたとえとなった。

 

損して得取れ:類義語

損は儲けの始め

損をすれば得をする

 

損して得取れ:使い方

1.今までは利益ばかり優先してきたけどこれからは利益を度外視して「損して得取れ」の精神で良い製品を作りたい。

2.「損して得取れ」で頑張ってきたので売上が急成長した。

 

損して得取れ:まとめ

「損して得取れ」は商売をされている方の精神というかコツだそうです。

余り欲張ってばかりいると商売は失敗してしまいます。「損して得取れ」は普通なかなかできることではありません。

私たちの日常生活でもそういう場面になった時に「損して得取れ」ができるかどうかは難しいことですね。

「損して得取れ」の使い方は難しくありませんのでチャンスがあれば使ってみてください。

 

「損して得取れ」は難しい選択ですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, さ行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.