古い本

「故きを温ねて新しきを知る」意味と使い方 なぜ新しきを知るの?

すぐ読めるちえ 日本の言葉 は行の言葉

「故きを温ねて新しきを知る」意味と使い方 なぜ新しきを知るの?

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

「故きを温ねて新しきを知る」って聞いたことがありますよね!

どういったことを言っているのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

故きを温ねて新しきを知る

故きを温ねて新しきを知る:読み方

ふるきとたずねてあたらしきをしる

 

故きを温ねて新しきを知る:意味

古いことを調べて、新しい知識や意義を再発見するということ。

 

故きを温ねて新しきを知る:語源

孔子が、人の指導者たるものの条件として、論語の中で、述べた言葉です。「故きを温ねて新しきを知らば、以て師なるべし」

この孔子の言葉からの引用で「故きを温ねて新しきを知る」のたとえができたということです。

 

故きを温ねて新しきを知る:類義語

温故知新(おんこちしん)

 

故きを温ねて新しきを知る:使い方

1.「故きを温ねて新しきを知る」ていうことだから、何かわからないことがあったら、祖父や祖母に聞いたら良いと思うよ。

2.時代の先に進むことも大事だけれど「故きを温ねて新しきを知る」で、古いこともよく知ってから、新しいことを学ぶべきだね!

 

故きを温ねて新しきを知る:まとめ

古い手紙

古い書籍や手紙は大事にしないといけないですね!

「故きを温ねて新しきを知る」は孔子が、論語の中で、指導者の条件を述べた言葉だったんですね。

古いことを調べて、新しい知識を、再発見することは大事なことです。

「故きを温ねて新しきを知る」の使い方は、少し難しいですが、チャンスがあれば使ってみてください。

 

古いことを調べることは、大事なことですね!
まきばっぱ

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, は行の言葉
-

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.