楽しいクリスマス

クリスマス・キャロル 冷酷無慈悲なスクルージはなぜ改心したのか!

家族 生活 小説

クリスマス・キャロル 冷酷無慈悲なスクルージはなぜ改心したのか!

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

クリスマスと言えばクリスマス・キャロルのお話を思い出します。

何度読んでも良いお話で、あの強欲で無慈悲な救いようがないスクルージが改心したのか興味を持ちます。

著者はチャールズ・ディケンズ

二都物語

大いなる遺産

オリバー・ツイスト

などの作品を書いたヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家です。

クリスマス・キャロルは1843年に発行されました。

強欲で無慈悲なスクルージがクリスマスイブに体験したことによって改心をするお話。

たくさんの人に支持されているクリスマス・ストーリーです。

まきバッパ
とっても面白いお話ですよ!

 

フレッドが夕食会に誘いに来た

フレッドが夕食会に誘いに来ましたがスクルージは断ります

クリスマスキャロル

スクールージの人物像

冷酷でエゴイスト、人間の心の暖かさや愛情などは一切持っていないという人物が主人公です。

名前はエベネーザ・スクルージでロンドンの下町近くにスクルージ&マーレイ商会という事務所を開いています。

そこで働いているのは書記のボブ・クラチットで簿給で雇用されスクルージにこき使われています。

少ないお給金でも陰日向なく働くいい人です。

反対にスクルージは強欲で金儲け一筋のを続けているので、隣人にも取引商人たちにも疫病神のように嫌われています。

こんな人は誰でも嫌いですよね1

でも、スクルージは全然平気でいます。

何しろお金が一番大事なのですから、人のことなどは何にも気にしないのです。

クリスマスが近づいてきていろんな団体が寄付をお願いに来ますが一切寄付は断っています。

7年前に共同経営者のジェイコブ・マーレイの葬儀の時も彼への布施をしぶり、またまぶたの上の冥銭を持ち去るほどの強欲ぶりでありました。

自分の大事な共同経営者も死んでしまえば関係ないのでしょうね!

そして、明日はクリスマスという夜、事務所を締めたあと自宅に戻ったスクルージは7年前に亡くなったマーレイの亡霊の訪問を受けます。

まきバッパ
こんなにケチで欲深い人はいませんね!

 

マーレイの亡霊

マーレイの亡霊が現れて忠告をします

マーレイの亡霊

マーレイはクサリに繋がれていました。

鎖は生前の罪によって決まり、金銭欲や物欲にとりつかれた人間がいかに悲惨な運命になるかを教えていました。

自分を例としてスクルージに自分以上に悲惨な結末を迎えないための人生の生き方を変える3人の精霊たちが彼の前に現れると伝えました。

3人の精霊

スクルージを尋ねる3人の精霊

第1の精霊:過去

第2の精霊:現在

第3の精霊:未来

第1の精霊:過去

ロウソク状で眩しく輝く頭部を持っている。

顔は幼いが老成した落ち着いた表情を持っている

スクルージが忘れていた少年時代に彼を連れて行って、子供の頃は孤独であったけれど夢を持っていた時代を目の前で見せる。

青年時代のスクルージが金銭欲や物欲のなかった以前の素朴な青年だった過去の姿を見せる。そして恋人との出会いからすれ違いによる破局までを見せられる。

耐え切れなくなったスクルージは精霊から帽子を奪って頭にかぶせてその光景を消してしまう。

息子
スクルージも普通の青年だったんだ~!

第2の精霊:現在

見上げるほどの長身で冠とローブをまとい燃え盛る松明を持っている。

クリスマスのご馳走に囲まれた精霊で「1800人の兄弟がいるがあったことがない」と豪語している精霊である。

彼はスクルージをロンドンの様々な場所を案内してクラチットの家族のところも連れて行く。

そこでは貧しいがささやかな愛で結ばれた明るい家庭があった。

そして叔父(スクルージ)を呼べなかったことを惜しみながら友人たちと楽しい夕食会をしている甥のフレッドの姿も見せる。

クラチットの末息子ティムが脚が悪くて病がちで長くは持たないことも見せる。

スクルージがそれでうろたえると寄付を頼みに来た紳士に言った「余分な人口が減って良い」「牢屋や救貧院はないのか」などの言葉を聞く。

第2の精霊と一緒に世界中飛び回って見聞を広めたスクルージは疲れきって眠る。

まきバッパ
自分のことが外から見れたので良かったのでは

 

盗んできたものを品定めする

3人組の男女が盗んできたものを品定めする買取の古物商人

第3の精霊:未来

そしてスクルージが目覚めると真っ黒な布に身を包み1本の青白く細い手だけを前に差し出した不気味な第3の精霊がスクルージを待っていた。

スクルージは評判の非常に悪い男が死んだという話を聞くが未来のクリスマスには自分の姿は無い。

評判の悪い男のシーツに包まれた無残な死体。

その男の衣類まで剥ぎ取る女。

盗品を専門に買い取る古物商の老人。

その家で盗んできた品物を売りに老人と交渉する3人の男女の浅ましい姿を見る。

ここではスクルージはその死んだ男が誰なのかを確認ができなかった。

また、クラチットのティム少年が両親の願いも空しく世を去ったことを知る。

そして草生した荒れた墓場で見捨てられた墓碑を見るとそれは自分の名が刻まれてあったのを見てしまう。

息子
このままの生活を続けると怖い将来が待っていますよ!

だから評判の悪い男が死んだというのは自分のことで、将来はこういう扱いを受けるにだということを見せられてしまうのですね!

しかし、この未来を変えられることを悟ったスクルージはクリスマスの始まる夜明けと共にまだ、変えられることの可能性があることに気が付くのです

ここでスクルージが気が付いて良かったですね。

改心したスクルージ

スクルージはマーレイと3人の精霊たちに感謝と改心の誓をします。そして

クラチット家にはご馳走を贈り

再会した紳士たちには寄付を申し出て

甥のフレッドの夕食会に出向きます。

まきバッパ
改心できて良かった

クリスマスの翌日には、クラチットの雇用を見直し、彼の家族への援助を決意する。

その後はティムを可愛がりクリスマスには寄付をするとっても良い人になって世間の人に「ロンドンで1番クリスマスを楽しむことができる人」と言われるようになりました。

 

どの人にもスクルージほどではないにしろ、金銭欲、物欲など持っています。

自分のことを反省して生活を見直すことはとっても大事なことですね!

 

 

広告とおすすめ関連記事

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-家族, 生活, 小説

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.