「鬼の目にも涙」意味と使い方 なぜ鬼なの?

泣く子供

「鬼の目にも涙」意味と使い方 なぜ鬼なの?

こんにちは!まきバッパです。

「鬼の目にも涙」ってどういうことなんでしょうか?

鬼も泣くことがあるのでしょうか?

早速、書いていこうと思います。

 

広告

鬼の目にも涙

鬼の目にも涙:読み方

おにのめにもなみだ

 

鬼の目にも涙:意味

どんなに冷酷な人でも時には同情や憐れに思って泣くことがあるというたとえ

*現代では怖くて冷酷な人が感動して涙を流す場合に使われることが多い。

 

鬼の目にも涙:語源

1.昔は悪代官がいて年貢を容赦なく取り立てていたのに時には憐れに思って情けをかけることがある。それが「鬼の目にも涙」というたとえになったということです。

 

鬼の目にも涙:類義語

鬼も頼めば人食わず

 

鬼の目にも涙:使い方

1.いつもは厳しい人だけど母親が亡くなった時にはさすが泣いていたよ。「鬼の目にも涙」っていうことですね。

2.厳しいサッカーの鬼監督がチームが優勝した時に感動して泣いていたのは「鬼の目にも涙」だとみんな言っていた。

 

鬼の目にも涙:まとめ

「鬼の目にも涙」っていうのは時々目撃することがあります。

厳しく指導されている先生など日頃は鬼のように厳しくされていますが成績が出た時など感動して泣いている「鬼の目にも涙」を見かけることがあります。

「鬼の目にも涙」は使い方は難しくありませんのでチャンスには使ってみてください。

 

鬼も泣くことがあるということですね!
まきばっぱ

-すぐ読めるちえ, 日本の言葉, 動物, あ行の言葉
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.