白いお花

ノースポールの育て方 花期が長く冬の庭を明るくしてくれる花

家庭の園芸 生活 花の育て方

ノースポールの育て方 花期が長く冬の庭を明るくしてくれる花

投稿日:

こんにちは!まきバッパです。

冬にお庭を明るくしてくれる「ノースポール」ですが、長期間咲いてくれる良いお花です。

どうしたら長く咲かすことができるのでしょうか?

早速、「ノースポールの育て方」を書いていこうと思います。

 

ノースポール

ノースポール:概要

キク科 フランスギク属

半耐寒性多年草

開花期 12月から5月

原産地 北アフリカ

*1970年頃に日本に入ってきた草花です。ノースポールは直径3cmほどの、中心が黄色い白い小菊で、花期が長くて人気があります。

秋に種を蒔けば冬から初夏まで花を楽しむことが出来ます。

 

ノースポールの育て方

ノースポール:季節・日常の手入れ

花柄摘み:枯れた花柄を、小まめに摘み取る(株の消耗を抑えて長期間花を楽しむことが出来る)

*花が一通り咲き終わったら、花径の半分ぐらいに、バッサリ刈り込むと、もう一度花を咲かせます。

摘心:苗のうちに、芽先を摘み取る>>下の方から、数本の茎が伸びてくる>>バランスよく育てることが出来る

 

ノースポール:日当たりと置き場所

*よく日のあたる場所が良いです(日照不足になると、ひょろひょろに育って、花付きも悪くなります)

*寒さには強くて、枯れることはないですが、暑さには弱くて、30度を超えると、成長が止まります。

 

ノースポール:水やり

土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。

 

ノースポール:肥料

肥料は植え付ける時に、土の中に緩効性の肥料を、混ぜ込んでおきます。

開花中は肥料切れをしないように、液体肥料を、10日に1回与えます。

 

ノースポール:用土

*水はけの良くて、有機質に富んだものが適しています。

*赤玉土7+腐葉土3の割合で混ぜた土に植えます(市販の「花と野菜の土」でも良い)

*庭植えの時は、腐葉土を混ぜ込んでおきます。

 

ノースポール:植え付け

苗の植え付け:10月上旬または、3月~4月が適期です。

*秋のうちに植え付けを済ませると、冬までにしっかりと根を張ります。

*一株でもよく茂るので、植えつけるときは、株と株の間を十分開けます(65cmの細長いプランターで、4株ぐらいが適当です)

*一年草なので、植え替えは不要です。

 

ノースポール:増やし方

*種で増やすことが出来ます。

発芽適温は18度で、9月中旬から10月ごろ種を蒔きます。

手順

用土を入れた箱に種を蒔く>>発芽>>混み合っている箇所を間引く>>本葉が4~5枚の時に、鉢や花壇に植えつける

 

ノースポール:かかりやすい病害虫

*アブラムシが付きやすい植物です(新芽、つぼみ、茎に付くので、見つけ次第退治してください)

 

ノースポール:まとめ

ノースポールの花

白い花がたくさん咲いて美しいですね!

比較的育てやすいお花で、冬から初夏まで長期間咲いてくれるお花です。

切り戻しや摘心などをしてあげると、もう一度花が咲いてくれたり長期に渡って楽しむことが出来ます。

種を蒔いて、簡単に増やすことができますので、お庭に植えて置かれると、良いと思います。花柄摘みなどを、コマメにして長く楽しんでください。

 

白いお花が固まって、とっても清楚で綺麗なお花ですね!
まきばっぱ

 

このちえが気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterでまきバッパをフォローしてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

-家庭の園芸, 生活, 花の育て方
-, , , , ,

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.