劇団四季オペラ座の怪人 日本での初演は市村正親怪人 野村玲子クリスティーヌ

オペラ座

劇団四季オペラ座の怪人 日本での初演は市村正親怪人 野村玲子クリスティーヌ

何といっても大好きなのはオペラ座の怪人です。随分昔になりますがオペラ座の怪人を東京まで観に行きました。まだ若かった時です。

 

広告

日本での初演 (市村さん、野村さん、山口さん)

其の時は日本での初演でした。

怪人は今でも現役で活躍の市村さん。クリスティーヌは野村さん。ラウルは山口さん。山口さんも今でも大活躍ですね。当時は大ファンでした。

何といっても豪華なセットにシャンデリア。。素敵な歌の連続。

興奮の余り大阪までこのミュージカルは凄いよと電話してしまいました。留守番の息子はあきれていたと思います。

 

ろうそく

湖にろうそくの火が揺れています

クリスティーヌの連れ去りシーン

私が一番好きな場面は怪人がクリスティーヌを湖の隠れ家に連れていくシーン。

怪人がクリスティーヌの手を取って連れ去るシーンです。歌も好きだし、湖にボートのところも幻想的で素敵ですです。

怪人がボートを進めていくところは、とってもかっこいい怪人と美しいクリスティーヌです。そして怪人の棲家に着いてからのクリスティーヌの歌がドンドン高音になっていくところも。怪人が歌え歌えと歌わせるところも。大好きなのです。

 

支配人たちの7重唱

それからカルロッタやマダムや支配人たちの七重唱のところ。いつも一人ずつがしっかり歌わないと大変だなと思いながら聴いています。カルロッタに気に入られようとする支配人たち。あのプリマドンナの歌が面白くて好きです。

 

カルロッタ役は歌のお姉さん

1幕がはじまってすぐに気がついたのですがこのときのカルロッタ役は斎藤さんでした。

歌のお姉さんとして童謡を歌っていた方です。いきなりオペラ歌手の役でびっくりしました。

クリスティーヌには悪いけれどカルロッタのほうが歌が上手いと思ってしまいました。斎藤さんのファンだったのですみません。

 

シャンデリア

豪華なシャンデリアが落ちてきました

佐野さんの怪人は涙腺崩壊

オペラ座の怪人は京都劇場、大阪四季劇場と何度も通いました。何度観ても飽きないのです。

怪人も高井さんはあまり泣けないのですが佐野さんの怪人は大泣きしてしまいます。なぜか、哀れで可哀そうなんです。

 

芝さんも怪人に

そして、先日、名古屋で芝さんが怪人デビューされたそうです。

怪人役を熱望されていたと聞いていますので良かったですね。でも、行くことが出来なかったので観に行きたかったなぁと残念に思っています。

 

また、大阪か京都に来て欲しいですね。芝さんの怪人観たいです。

 

そのほかの関連記事はこちらから

503view
ミスサイゴン公演時間
梅芸 ミス・サイゴン 市村正親のエンジニアはベッピンだった

こんにちは!まきバッパです。 1月にしては暖かい日が続いていましたが昨日ぐらいから冬の寒さが増してきました。昨年の31日に行くはずだった「ミス・サイゴン」行ってきました。 息子のチケットと交換してもら ...

859view
魔女と猫
劇団四季 大阪駅でのキャッツシアター ミストフェリーズの飯野おさみや汽車食堂のこと

私は幼いころからピアノをしていたので音楽は絶対クラシックが良い、1番だと思っていました。 子供が生まれ考えも幅広くなってきていて、他の音楽も良いなと感じ始め少しはいろんなジャンルを聴くようになっていま ...

 

-劇団四季, ミュージカル
-, , , , , ,

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まきバッパ

まきバッパ

70オーバーのスーパーおばあちゃん、まきバッパです。残りの人生を思いっきり楽しむ為にブログをはじめました。70年間生きてきた中で得た知恵を、少しずつ書いていければと思います。よろしくお願いします。

シェアする

SNSをフォローして最新情報を受け取る

Copyright© まきバッパのちえぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.